“大人かわいい顔”

Yasukoのビューティー・ソリューションメイクで美人に !
Yasukoのビューティー・ソリューション
目指すのは“大人かわいい顔”


メイクの悩み:
濃い色のアイシャドーを入れると目がきつくなり、淡い色だと目ヂカラが付きません。ラブリーでインパクトのある目元に仕上げるには ?


読者モデル:山本真由美さん 職業:アルバイト
(写真)After


Yasukoのビューティー・ソリューション(写真)Before


今までのメイク診断
 ガーリー・ファッションがお似合いの真由美さん。明るい色のアイメイクがピッタリですね。ただ、淡色アイシャドーのみのメイクでは目元のインパクトは付きにくく、せっかくの大きな目が生かし切れていません。そこで、淡色のアイメイクに自然なインパクトを加える、とっておきの「隠しラインテク」を加えてみましょう。このワザを使うことで目元の明るさを残しつつ、目ヂカラのあるメイクに仕上がりますよ。
メイク・カルテ
 明るいグリーンやブルー系のシャドーは目元をキュートに仕上げる人気カラー。ただ淡い色のシャドーだけでは目のフレームが引き締まらず、目元が引き立ちません。だからといって、そこに黒のアイラインを引いてしまうと今度はシャープになりすぎて淡色のシャドー効果が半減することになりかねません。この悩みを解決するには、まつ毛の隙間を埋める「隠しライン」が効果的。黒のアイラインをあくまで脇役の、隠しラインにすることで、見た目はキュートで軽いアイメイクでも目ヂカラしっかりの存在感のある目元に仕上がります。
Yasukoのビューティー・ソリューション
☆存在感を醸し出す、「隠しライン」のアイメイクテク 
①アイホール全体に淡いミントグリーンを塗り、眉下はパールホワイトを薄くぼかす。
②ライムグリーンのペンシルアイライナーで目尻から目頭までのまつ毛のキワにアイラインを入れる。
③②のライナーと同色のアイシャドーを引いたラインに重ねてラインよりも太く(目を開けた時に2ミリほど見える幅に)入れる。
④下まつ毛のキワ全体にライムグリーンのアイラインを入れ、目頭を囲むようにホワイトラメのシャドーを重ねる。
⑤まぶたを引っ張るようにしてまつ毛とまつ毛の隙間を黒のリキッドライナーで埋める(下まつ毛の隙間も同様に)。<上図参照>
⑥ビューラーで立ち上げたまつ毛にボリュームマスカラを塗る(下まつ毛も同様に)。


-元の眉を生かし自然なアーチ型に描き、ライトブラウンの眉マスカラで眉の印象を明るくする。
チーク
—頬の中央から頬骨に沿ってローズピンクのチークをふんわりと入れ、Cゾーンにはパールオフホワイトのハイライトを入れて肌に自然なつやと透明感をプラスする。 口紅—パールピンクのペンシルライナーで唇の山をふっくらと強調。ライトピンクのグロスを唇中央から全体に広げるように塗る。
口紅
-パールピンクのペンシルライナーで唇の山をふっくらと強調。ライトピンクのグロスを唇中央から全体に広がるように塗る。


Yasuko Taguchi
Yasuko Taguchi / Hair&Makeup Artist
日本で有名雑誌のメイク・ページ、ファッション・ページ、広告CFのヘア・メイクを手がけ、現在シドニーでモデル、タレントのCF広告撮影、ファッション・カタログおよびブライダルのヘア・メイクなど幅広く活躍中。また、キレイを磨く徹底実践メイク講座「パーソナルメイクアップレッスン」も好評開講中。
お問い合わせ : 0419-256-829(YASUKO Mobile)  
Web : www.hmaquarius.com

    日豪プレス キレイになろう特集 テイクアウェイ特集2020

新着記事

新着記事をもっと見る

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る