メリハリのある印象的な顔

Yasukoのビューティー・ソリューションメイクで美人に !
Yasukoのビューティー・ソリューション
目指すのは“メリハリのある印象的な顔”


メイクの悩み:
目元の印象的なメリハリのある顔に憧れます。メリハリを出すコツはありますか ?


読者モデル:丹 美希さん 職業:アルバイト
(写真)After


Yasukoのビューティー・ソリューション(写真)Before


今までのメイク診断
 大きな目が印象的な美希さん。自分の目を生かすメイク法も知っていますね ! ただ気になるのは、目元と眉とのバランス。目の大きな美希さんには今の細い眉は印象が薄過ぎます。ほぼ一直線の形も、顔の立体感を損なってしまいます。もう少し太さを出し、眉山はなだらかなカーブを描きながら書いてみましょう。そうすることで目元の印象が強調さ
メイク・カルテ
 最近の旬な眉は、なだらかなカーブを描いたやや太めの眉。色は明るいブラウン系です。元の眉の色が濃い場合は、仕上げにゴールデン・ブラウン系の眉マスカラで、眉全体の色を整え明るくします。きれいに眉を描くコツは1度に描こうとせず、順を追ってポイント書きしていくこと。眉頭から眉山までは徐々に上げて描き、眉山から眉尻を自然な下降線で描くようにすると、なだらかなカーブを描いた美しい眉に仕上がります。注意点は全体を同じ濃さで描かないこと。眉頭は淡く空気感を残した印象に、上側アウトラインは描いてから軽くぼかし、柔らかな印象に仕上げると自然で洗練された眉に仕上がりますよ。
Yasukoのビューティー・ソリューション
☆顔の立体感を引き出す、洗練眉の描き方
①ライトブラウンのアイブロー・パウダーで眉頭の毛の足りない部分があれば、うっすらと色をのせる。
②ブラウン系アイブローペンシルで眉の下側アウトラインを描く。眉頭の下側部分から眉山方向へと徐々に角度を上げながら手を小刻みに動かして描いていく。上側アウトラインを下側アウトラインと平行になるように眉山の位置まで描く。
③②の眉山の位置から徐々に下降し図1の眉尻の位置を目安に描く。

Yasukoのビューティー・ソリューション
④眉の下側アウトラインを③で引いた眉尻につなげて描く(眉尻の最後はスッとした極細のラインで終わらせる)。
⑤描いた上下のアウトラインの間を眉ペンシルまたはアイブローパウダーで埋める。
⑥スクリューブラシで眉頭を下から斜め上方向へとかし上げ、淡く仕上げる。上側アウトラインは力を抜きながらブラシを横に小刻みに動かしてぼかし、仕上げはゴールデン・ブラウンの眉マスカラを眉毛全体に塗る。

アイメイク
-アイホール全体にライトゴールドのシャドーをグラデーションにして入れる。二重の幅にダークブラウンのシャドーを入れる。アイラインは黒のリキッドで切れ長のラインを入れる。眉下にはライトイエローのハイライトを入れる。
チーク
-頬の中央から頬骨に沿ってコーラル系のチークをふんわりと入れ、Cゾーンにはパールライトベージュのハイライトを入れて立体感とつや感をプラスする。
口紅
-上唇をベージュのリップライナーでややオーバーリップに描き、ゴールデン・オレンジの口紅を全体に塗る。


Yasuko Taguchi
Yasuko Taguchi / Hair&Makeup Artist
日本で有名雑誌のメイク・ページ、ファッション・ページ、広告CFのヘア・メイクを手がけ、現在シドニーでモデル、タレントのCF広告撮影、ファッション・カタログおよびブライダルのヘア・メイクなど幅広く活躍中。また、キレイを磨く徹底実践メイク講座「パーソナルメイクアップレッスン」も好評開講中。
お問い合わせ : 0419-256-829(YASUKO Mobile)  
Web : www.hmaquarius.com

    日豪プレス キレイになろう特集 テイクアウェイ特集2020

新着記事

新着記事をもっと見る

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る