優しくフェミニンな印象にするにはどうすればいいの ?

Yasukoのビューティー・ソリューションメイクで美人に !
Yasukoのビューティー・ソリューション
目指すのは“メリハリのある印象的な顔”


メイクの悩み:
つり目のせいか、キツイ印象に見られがち。優しくフェミニンな印象にするにはどうすればいいの ?


読者モデル:樋上ゆきさん 職業:幼稚園教諭 32歳
(写真)After


Yasukoのビューティー・ソリューション(写真)Before


今までのメイク診断
 クール・ビューティーのゆきさん。きりっとした目元が印象的ですね。シャープな目元を柔らかい印象に仕上げるには、下まぶたのメイクにポイントを置いた、たれ目風メイクがお薦めです。キツイ印象に見られがちなつり目も、シャドーとラインの使い方次第で目尻が下がって見え、優しくキュートな印象に変わりますよ。
メイク・カルテ
 フェミニンでキュート、しかも目が大きく見えるたれ目メイクは最旬のメイク・テク。ポイントは下まつ毛のキワのラインとシャドーです。フェミニンな印象を醸し出すのなら、シャドーは優しい色使いで。さらに、やや太めに縁取るアンダーラインを加えて、きつくならずに目ヂカラをアップしていきましょう。今回はふんわりとした雰囲気を醸し出すピンクとラベンダーのシャドーに、明るさを引き出すブルーのラインをプラス。ポイントとして下まぶた中央にキラメキを加えると視線が下まぶたに行き、さらに優しくかわいい目元の完成です !
Yasukoのビューティー・ソリューション
☆キュートなデカ目に ! たれ目風メイクの作り方
①眉下にホワイトパールのハイライトを入れる。
②上まぶたは、パールピンクのシャドーをアイホールのくぼみまで入れる。
③ラベンダーのシャドーを上まつげのキワに沿ってやや太めのライン状に入れる。
④ダークパープルのライナーでまつ毛のキワに沿ってラインを入れる。
⑤ラベンダーのシャドーを下まぶたの目尻側から目頭側に向かって3/4までまつ毛の際に沿って目尻側はやや太め、目頭方向へ向かって徐々に細くなるようにライン状に入れる。残りの1/4はラメホワイトのシャドーをやや太めにオン。
⑥下まつ毛のキワをブルーのペンシルライナーで目尻から目頭方向へ向かって1/4までやや太めに描き、引いたラインをチップで目頭方向へ伸ばしていく(伸ばすことで目尻から目頭方向へ向かって徐々に細い線が描ける)。さらに目尻側から1/3のみの下まつ毛のキワに極細に黒のリキッドライナーでラインを入れる。
⑦仕上げに下まぶた中央のみにホワイトゴールドのキラメキ・クリームシャドーを入れて下まぶたを印象的に。
⑧マスカラは上下ともしっかりとボリュームを持たせるように塗る。



-ライトブラウンのアイブローペンシルで眉山をなだらかに、自然な太さのあるアーチ型に描く。仕上げにブロンズの眉マスカラを付け、眉の印象を明るく仕上げる。
チーク
-頬の中央から頬骨に沿ってパールピンクのチークをふんわりと入れ、さらに頬の中央に丸く円を描くようにチークを足す。
口紅
-パールピンクのリップライナーで上唇の山から口角までをやや丸みを帯びた形に描く。下唇は元の形に沿って描く。パールピンクのリップグロスを全体に塗り、みずみずしいピュアな唇に仕上げる。


Yasuko Taguchi
Yasuko Taguchi / Hair&Makeup Artist
日本で有名雑誌のメイク・ページ、ファッション・ページ、広告CFのヘア・メイクを手がけ、現在シドニーでモデル、タレントのCF広告撮影、ファッション・カタログおよびブライダルのヘア・メイクなど幅広く活躍中。また、キレイを磨く徹底実践メイク講座「パーソナルメイクアップレッスン」も好評開講中。
お問い合わせ : 0419-256-829(YASUKO Mobile)  
Web : www.hmaquarius.com

    日豪プレス キレイになろう特集 テイクアウェイ特集2020

新着記事

新着記事をもっと見る

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る