自分の目はそれなりに好きなのですが、目元を効果的に際立たせるメイク法が分かりません。

After.jpg
After

メイクで美人に !
Yasukoのビューティー・ソリューション
目指すのは“キリッとした中に華やかさのある顔”
メイクの悩み:自分の目はそれなりに好きなのですが、目元を効果的に際立たせるメイク法が分かりません。
読者モデル:小塙梨絵さん
職業:学生 26歳


今までのメイク診断

006.jpg
Before

 涼やかで切れ長の目の梨絵さん。その素敵な目元を生かしきれていない理由は2つ。目尻のまつ毛がカールされていないため、目尻が下がって見えていること。そして下まぶたに入れた太めのシャドーがたれ目に見せていることです。アイメイクは丁寧に仕上げても、まつ毛のカールを適当にすませてしまう人が多いのですが、まつ毛の立ち上がり方次第で目の印象はかなり変わって見えますよ。
 ビューラーはまつ毛に当てる角度、力の入れ方次第でカール具合を操作することができます。まつ毛の立ち上がり具合は、アイメイクの総仕上げとも言える、手抜きの許されない大切なポイントなのです。ちなみにまつ毛中央が立ち上がると目は丸く大きく見え、目尻が立ち上がると切れ長でシャープな目元に仕上がります。今回は切れ長の目を強調しながら目をひとまわり大きく見せるために、全体をしっかり上向きにカールします。
メイク・カルテ
 ビューラーはまぶたに沿って中央に当ててカールしていくのが基本ですが、それだけでは目尻や目頭のまつ毛はビューラーからはみ出てしまい、カールできません。目尻専用の小さなビューラーも売っていますが、普通サイズのビューラーでもまぶたに当てる角度を、中央、目尻、目頭と3段階に少しずつずらしながらカールをしていけば、まつ毛全体を綺麗にカールすることができます。
 今回は切れ長な目元を意識して、目尻のまつ毛の最後の1本まで丁寧に立ち上げましょう。マスカラも目尻は斜め上へ広げるようにして塗ります。目尻のまつ毛が綺麗に上がるだけで、シャープな目元が際立ち、きりっと華やかなアジアン・ビューティーに仕上がります !
☆目尻のまつ毛を立ち上げるビューラーの角度

make.jpg

  ビューラーを目尻のまつ毛にビューラーの端が当たる角度に入れ、根元、まつ毛の真ん中、毛先と徐々に角度を上げながらカールをしていく(写真参照)。目頭側も同様にビューラーの端を目頭に押し当てるようにしてカールする。
 丸い目を切れ長に見せる場合は、まつ毛中央はカールを控えめにして目尻をしっかり立ち上げて、逆につり目の気になる人は目尻のカール控えめに、まぶた中央のまつ毛は根元からしっかりと立ち上げると、目が丸く柔らかい印象になります。
―ライトブラウンのアイブローペンシルで自然な太さの、なだらかなカーブを描いた眉に描く。眉頭はライトブラウンのアイブローパウダーでほんのり色をのせる程度に描く。
―ゴールデンブラウンのシャドーをアイホール全体に下から上へ濃淡のグラデーションになるように入れる。アイラインはグリーンで目尻をやや切れ長にシャープに描き、さらにその上にグリーンのシャドーを重ねる。眉下はパールイエローで明るさを出す。
―頬の中央から頬骨に沿ってオレンジベージュのチークをやや幅広にふんわりと入れる。
―ピーチベージュのリップライナーで上唇の山をはっきりさせて描く。下唇は元の形に沿って描く。オレンジベージュの口紅をラインにも重ねながら塗り、仕上げにパールベージュのリップグロスを重ね、品良くふっくらとした唇に仕上げる。


Yasuko Taguchi

Yasuko Taguchi / Hair&Makeup Artist
日本で有名雑誌のメイク・ページ、ファッション・ページ、広告CFのヘア・メイクを手がけ、現在シドニーでモデル、タレントのCF広告撮影、ファッション・カタログおよびブライダルのヘア・メイクなど幅広く活躍中。また、キレイを磨く徹底実践メイク講座「パーソナルメイクアップレッスン」も好評開講中。
お問い合わせ : 0419-256-829(YASUKO Mobile)  
Web : www.hmaquarius.com

    日豪プレス キレイになろう特集 テイクアウェイ特集2020

新着記事

新着記事をもっと見る

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る