Asperger’s Syndrome:アスペルガー症候群

セレブに見る心の病
(Photo: Espen Moe)

心理カウンセラーのさえみ先生が
ストレス・フリーな暮らしをサポート

セレブに見る心の病 ケース・ファイル

 

セレブ・ゴシップなどでは目にするものの、直接自分には関係ないとついつい無関心になりがちな心の病のこと。中身をひも解いてみれば、意外と身近な存在である可能性も。心身ともにより快適な毎日を送るため、その症状や対処法を正しく紹介する。

ウィキリークスの創始者であるジュリアン・アサンジを筆頭に、ハッカーの裁判でよく取り沙汰されるようになったアスペルガー症候群。本当はどんな病気?

Asperger’s Syndrome:アスペルガー症候群

コミュニケーション、社会性、想像力の分野に偏り

アスペルガー症候群は、知的障害のない自閉症とも呼ばれていて、勉強や仕事が人並み以上にできることも少なくありません。ただ、生まれつき、あるいは子どもの時期に、脳に何らかの障害が生じたために、コミュニケーション、社会性、想像力の3つの分野に偏りが現れます。

そのために「ワガママ」「人のことに無関心」と思われがちですが、これはわざとではありません。コミュニケーションはキャッチ・ボールに例えることができますが、それが苦手なのです。話し方が回りくどくなったり、一方的になったりします。また、「最近どう ?」という曖昧な表現の意味がつかめず、「何のこと ?」と聞き返したりなどします。社会生活では、思っていることをそのまま口にして、周囲の困惑に気が付かなかったり、チーム作業の時には、マイペースに行動して浮いてしまったりすることが多いようです。想像力は、相手に合わせて柔軟に対応したり、気持ちを汲(く) んだりするために必要ですが、それも得意ではありません。

具体的な対応を丁寧に示す

この症候群の傾向として、特定の分野で大量の情報やコレクションを集めることに熱中します。ジュリアンの場合も、機密情報を収集して公開する行為に取りつかれ、その徹底的な追及は法律上の波紋を顧みなかったと言われています。

しかし、実際には、アスペルガー症候群の人は善悪の区別ができ、道徳観も持ち合わせています。得意とするのは規則的な作業で、正確にやり遂げます。機械的な記憶力も優れています。これらの特徴を生かしながら、社会生活に馴染めるようにサポートすることが重要です。そのためには専門家の診断とプランに沿って、家族や友人が具体的な対応を丁寧に示し、忍耐強く、かつ大らかに接することが重要です。


セレブに見る心の病

 
馬場佐英美(ばばさえみ)
Town Hall Clinic

プロフィル◎国際基督教大学教養学部卒。Australian College of Applied Psychologyで心理カウンセラーの資格を取得。NSW州カウンセラー&サイコセラピスト協会臨床会(CAPANSW)、オーストラリア・サイコセラピー&カウンセリング連盟会員(PACFA)。シドニー市内でさまざまな心の悩みの相談に応じている。

新着記事

新着記事をもっと見る

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る