かんたん!毎日エクササイズ「上半身の筋肉を緩めるポーズ」

運動は大切と知っていながらも、体が硬いからヨガ教室に通うのは恥ずかしい、スポーツ・クラブに通う時間がない、マラソンを始めてみたけど長く続かないなど、実際に続けることの難しさを感じている人は多いのではないでしょうか。1日1時間、マットを敷いてみっちりやる、などとは考えずに、1日5分でも10分でもちょっとした合間の時間を使って体を動かす習慣を付けてみてはいかがでしょう。そんなお手伝いをさせて頂く、「かんたんエクササイズ」のコラムです。

今月のテーマ: 上半身の筋肉を緩めるポーズ

ポーズ①

「二の腕痩せをするにはどうしたらいいの?」と聞かれることがよくあります。ウエストや脚は容易に隠せますが、腕は夏のシーズンに隠しきれない部分でもあります。お顔はメイクでバッチリでも、二の腕が垂れ下がり存在感をアピールしているとどうしてもそこに目がいってしまいます。なぜこうなってしまうのでしょうか?これは、筋肉が衰えてきているということも原因の1つです。腕の後ろ側は意識して使ってあげないと衰えやすい部分です。しっかりと意識しましょう! こちらはタオルや紐を使います。まず、上の手でタオルの先を持ち、下の手で届くところをつかみます。その状態で上に引っ張ったり下に引っ張ったりを繰り返します。

ポーズ②

こちらはじんわりと腕の下側部分を伸ばせる動きです。どうしてもたるみが気になると、とにかく腕立てをして鍛えて筋肉をつけよう! という考えに陥りがちですが、まずは縮こまった部分を伸ばしてあげることが大事です。じんわりと行うことで腕の下側を伸ばすことができます。結果として二の腕が引き締まることにつながります。まず、かかとを立てた状態でかかとの上にお尻を置きます。膝は緩やかに広げた状態にします。次に状態を前に倒して手を伸ばします。この時に小指側が床に付くように意識をして行ってみてください。見た目より意外ときつく感じる方もいるかもしれません。呼吸を深くするのを忘れずに。

ポーズ③

こちらの動きは少し鍛えるようなイメージで行ってみてください。私はダンサー時代によくこの状態での逆さま腕立て運動を行っていました。逆さ腕立ては普通の腕立てと全く違う部分に効いているのを感じられると思うので、興味のある方は試してみてください。今回は、自分の重心を使った動きになります。逆四つんばいになって、なるべくお尻を下に落としすぎないのがポイントです。手は肩の下あたりに置くとしっかり腕の下側部分が鍛えられます。今回は腕立てではありません。まず肩の下に手を置き(手首は内側に向ける)膝の下辺りにかかとが来るように足をセットします。その状態でお尻を上に上げ、片手ずつ上げ下げを繰り返します。肩に負担が掛からないように、しっかり手でマットを押しましょう。

ポーズ④

この運動は重みのあるものを手に持ってやると更に効果がアップしますが、重みが無くても十分に効果を発揮します。二の腕下の贅肉を取るにはこの動きが一番良い方法ではないかと思います。初めは何も持たず、慣れてきたら徐々に重みをつけていくのもいいかもしれません。まず、いすに少し脚を開いた状態で浅く腰掛けます。次に脇を閉めた状態で肘を曲げ脇にセット、背筋を伸ばしたまま上体を少し前に傾けます。脇を閉めた状態を保ったまま手を後ろに伸ばせるところまで伸ばします。手は握り、親指だけ伸ばした状態でやると行いやすいです。脇が開いてしまうと効果が半減してしまうので気をつけてください。

−− エクササイズにまつわるお話 −−
「尊厳を持って生きる」

『Anatomy of the Spirit』という、「直観医療」をされているキャロライン・メイスさんの本を今日は紹介します。「直観医療」という言葉聞き慣れないと思いますが、他人の体のエネルギーがはっきり見え、体のどの器官がどんな理由で悪くなり、どういう状態かが見える力のある人が、医師と協力し不具合を改善していく治療です。たくさんの患者やその問題と向き合って、数え切れないほどの経験を持つ彼女の言葉で印象的なものがあります。「通常、尊厳は健康の一部を成す要素とは考えられていないが、私はこれが最も不可欠なものの1つで、愛と変わらぬほど重要だと考えるようになった」。健康と言うと食べ物や運動、ノン・ストレスの要素は思い浮かびますが、自分に対する尊厳というのは思い付かないトピックかもしれません。
 「尊厳」は、私たちの霊体や体、免疫などにもプラスのエネルギーを与えてくれる、自分に対しての誇りを持ち、威厳を持って自分のために立ち上がれる力のことです。周りが言っているからとか、育った環境での当たり前のことなどを自分の軸として生きていると、そこに歪みが生じてしまいます。
 全てはエネルギーと言いますが、尊厳を持って生きている人は、生きることを本当に愛している人から溢れ出る、自己愛の波動を周りに発散しているそうです。また、本当の人生の目的を発見し、自分自身が、癒されていく。自分が当たり前、どうしようもないと思っていること、それが本物であるのか? それを信じる自分を誇りに思えるのか。そんな面から自分を覗いてみることが、これからの自分の健康へとつながっていくのかもしれません。


ASUKA
ジャズ・ダンサーとして約15年間活動後、より深く自分の体を知るためヨガを始める。全米ヨガ・アライアンスを取得後、2009年より東京で多くのヨガ・クラスを担当。現在は、シドニー市内で不定期にクラスを開催。シンギングボールを使ったサウンド・セラピーも行う(Web: earth-light-yoga.com)。また、eco蜜蝋ラップ「KoKeBee(こけびー)」を経営するなど、エコ活動にも力を入れている(Web: www.kokebee.com

新着記事

新着記事をもっと見る

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る