自分で染める白髪染め

中から外から美肌・美髪つくり ツヤツヤのモテ髪を手に入れよう!

中から外から美肌・美髪つくり

ツヤツヤのモテ髪を手に入れよう!

第83回 自分で染める白髪染め

今回は白髪を黒髪に完全に染めるのではなく、なるべく染めないで白髪とうまく付き合っていく最良の方法をご紹介したいと思います。

まず大切なのは、自分の地毛の色を知ること。黒髪と白髪は全く逆の色ですので、白髪が何パーセント(%)あるかで染め方や楽しみ方が変わってきます。

自分で染める白髪染め

10%ーほとんど黒で時折り白が目立つ人

思い切って違う色で楽しんでください。白いところだけ色を変えて遊びましょう。永久カラーではなくて、何回か洗ったら薄くなり、白い部分だけに色が入るカラー剤を選ぶと良いでしょう。

30%ー伸びると気になる

染めても染めても伸びてくるとすぐに目立ってしまい、気になりますよね。地毛に近い色の白髪染めを買って、水で薄めて塗ってみてください。薬が弱まるので頭皮にも優しくて良いと思います。時間を置けばしっかり染まりますが、敢えてしっかり染まらないくらいでも良いと思います。

50%ーソルト・アンド・ペッパー

割合がちょうどごま塩(ソルト・アンド・ペッパー)と同じいの人は、明るい色を水で薄めて塗ってみましょう。黒髪は明るくなり、白髪は薄く色が付きます。

上級編

白髪以外の部分にメッシュを作る「インスタント・バリアージュ」です。

手袋にブリーチを付け、指を開いて髪の真ん中から毛先に向かって指を通します。しっかり付かなくても大丈夫です。色が変わってきたら(水で薄めてるので真っ金にはなりません)、水で洗い流してください。

タイルで水を拭き取ったら、今度は好みの明るさのカラーを全体に塗ります。全体が明るくなってハイライトとつながります。白髪はボカシになるので、しばらく放っておけると思います。

外出もままならず苦しい時ですが、楽ちんカラーで髪と心を健康に導いて乗り切りましょう!


美容師 ユキヒロ
Yuki Hair Spa Annerley Salon

東京都出身。代官山、恵比寿で美容室展開後、2008年パースでオーストラリア第1号店をオープン。10年にブリスベン、13年にはゴールドコースト店オープン。ただいまオージー美容師育成中。
Web: yukihairspa.com.au
髪についての悩みや疑問など下記アドレスまでご応募ください。
Email: nichigopress@gmail.com(件名:髪の質問)

新着記事

新着記事をもっと見る

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る