なぜインビザラインの治療が良いのでしょうか?

日豪プレス何でも相談

 

Q: 最近、インビザラインという矯正治療をよく目にしますが、なぜ固定式のワイヤーではなく、インビザラインの治療が良いのでしょうか?
(36歳女性=OL)

A: インビザラインの矯正治療をワイヤー矯正治療よりも勧めている理由はいくつかあります。特に下記の6点はインビザラインにしかない大きなメリットです。

 

◎見た目
 透明で目立たないマウスピースを使っての矯正治療になるため、矯正治療中ということに気付かれません。さらにワイヤー矯正治療の際に伴う痛みが一切ないので、快適に治療を続けることができます。

 

◎歯茎の健康を維持、虫歯もできにくい
 インビザラインは取り外しが可能なために衛生的で、治療中の歯磨きやフロスも簡単にできます。ワイヤー矯正中によくある歯肉炎、口内炎、虫歯などもできにくいのが特徴です。食べたい物を食べられるということも魅力的です。

 

◎治療後のイメージが予想できる
 治療が始まる前に、カスタムメイドの3Dアニメーションによって、治療の始まりから終りまでの様子を確認できるので、治療後のイメージを予想することができます。

 

◎治療期間
 治療は3Dアニメーションを製作する際、あらかじめ治療期間を決めることができる上、ほとんどの場合、ワイヤー矯正よりも治療期間が短くてすみます。

 

◎抜歯の必要が少ない
 ワイヤー矯正では必要になることが多い抜歯を、インビザラインではできるだけ行わないように治療することが可能です。

 

◎ホーム・ホワイトニングができる
 インビザラインのマウスピースをホーム・ホワイトニングのトレイとして使うことがきます。矯正治療中に、歯並びだけでなく、同時に歯を白く美しくできるのです。

インビザラインで満足な結果を得るためには、インビザライン、そしてワイヤー矯正の、高度なスキルを持つ歯科医や専門家に掛かる必要があります。特に、インビザライン推薦歯科医(PlatinumDentist)は、通常の歯科医や矯正歯科医では不可能と思われるインビザライン治療も施術することができることが多々あります。もし、インビザライン矯正治療は難しいと言われたケースでも、1度インビザライン推薦歯科医で相談を受けることをお勧めします。

インビザライン歯科治療は、特別な歯科医や専門家矯正歯科でのみ行っている上、一貫性が必要な治療なため、もし治療中に日本に帰国したり、ほかの地域へ移動される予定がある場合は、あらかじめほかの地域のクリニックと提携しているクリニックを選ぶことをお勧めします。

最後に、子ども用のインビザラインは、だいたい11〜12歳くらいから始めるのがベストだと言われています。

矯正治療は、見た目を美しくするだけではなく、歯と歯茎の健康を良くする治療でもあります。歯並びが良いと歯ブラシやフロスがしやすくなり、歯垢や歯石などが溜まりにくく、虫歯予防になります。さらには、歯の噛み合わせの悪さから来る負担などを解消することができ、歯が欠けてしまうことや、歯ぎしり、食いしばりなどの癖を治すことができます。

キレイな笑顔は健康な歯の印です。


何でも相談

ノックス・キム院長
シティ・ワールドタワー歯科
(Dental Clinic @ World Tower)

韓国ソウル生まれ。オーストラリア・シドニー大学歯科学部を卒業。キャンベラやストラスフィールドで勤務した後、03年にワールドタワーレーザー歯科を開院(東京・大阪・名古屋・千葉・京都・韓国・アメリカ・中国に姉妹院あり、医療法人徳真会グループ)。一般歯科治療のほかにも多くの歯科関連資格を保持。インビザライン特別推薦ドクター。東京臨床協会(SJCD)、アメリカ審美歯科学会会員。シドニー大学臨床講師。

新着記事

新着記事をもっと見る

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る