クラウンとは何ですか?

Q 最近歯医者にデンタル・クラウン(被せ物)が必要と言われました。クラウンとは何ですか? そしてそれにはどのようなタイプのものがありますか?
(39歳主婦=女性)

 

A “詰め物”は文字通り虫歯が存在し、削った部分に詰められるものですが、“クラウン”とは歯の全体に被せるヘルメットのようなものを言います。

“クラウン”はどのような時に必要ですか?

クラウンのイメージ

過去に大きい詰め物を入れたことがある場合、特に奥歯などは歯が弱り亀裂が入ったり破損しやすくなる恐れがあります。もし歯科医がこのようなことを予測した場合、クラウンの治療を勧めます。

さらに神経治療を行った歯は非常にもろく壊れやすくなるため、治療後すぐにクラウンを施術することが必須となります。

クラウンの種類

メタルボンド

日本で一番主流のクラウンは、金属でできているクラウンか、クラウンの中身が金属で、外側はセラミックでできているメタルボンド(PFM)と呼ばれるクラウンです。

しかし、メタルボンドの中の金属が錆びて体内に入ってしまうことで金属アレルギーを起こしてしまったり、体調を悪くする人が多いことが年々明らかになってきており、多くの患者がオール・セラミックという、クラウンのすべてがポーセリン・セラミックでできているクラウンを選ぶようになっています。

オール・セラミック・クラウンの利点

オール・セラミックのクラウン

オール・セラミックのクラウンは金属が入っているクラウンに比べて透明度があり、天然の歯と変わらない美しさがあります。奥歯でもセラミックの材質は金属よりも天然の歯と結合しやすく長持ちしやすいと言えます。さらにEmaxやポーセリン・セラミックは金属やジルコニアのようにレントゲンを遮断しないため、定期健診の際に撮影するレントゲンにより、外からでは見つけられないクラウンの下にできる虫歯なども発見することができます。

金属の入ったクラウンの施術は受けない方がいいですか?

レントゲン時の様子。左が金属が入っているクラウン、右がオールセラミック・クラウン

健康的にはオール・セラミックの方がメリットは高いですが、時に歯ぎしりや食いしばりなどの癖が強い人にはメタル・ボンドをお勧めする場合もあります。


ノックス・キム院長
シティ・ワールドタワー歯科(Dental Clinic @ World Tower)

オーストラリア・シドニー大学歯科学部を卒業。キャンベラやストラスフィールドで勤務した後、03年にワールドタワーレーザー歯科を開院(東京・大阪・名古屋・千葉・京都・アメリカに提携クリニックあり、医療法人徳真会グループ)。一般歯科治療のほかにも多くの歯科関連資格を保持。インビザライン特別推薦ドクター。ジャパン・インビザライン・フロンティア・メンバー、東京臨床協会(SJCD)、アメリカ審美歯科学会会員。シドニー大学臨床講師。

新着記事

新着記事をもっと見る

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る