歯を白くさせるのに効果があるホワイトニングは?

Q 歯をもっと白くしたいと思っています。以前、ホーム・ホワイトニングを行ってみましたがそれほど効果が見られず長持ちしませんでした。ほかにもっと効果があるホワイトニングはありますか?
(29歳OL=女性)

 

A

そもそもホワイトニングとは何か?

 歯のシミや汚れは歯医者で受けるクリーニングを行うことにより、ある程度表面的に除去できますが、食べ物や飲み物の染色の粒子まで取り除くことはできません。
 ホワイトニングはペロクサイドと呼ばれる特殊なジェルにより歯の一番上のレイヤーを開け、ミクロの世界の染色粒子を除去するものです。
 そのためホワイトニングは天然の歯のみに効果があり、クラウンや詰め物がある歯には適応されません。もし前歯にクラウンや詰め物の治療が必要な場合、先に天然の歯にホワイトニングを行い、白くなった歯の色に合わせてクラウンや詰め物を受けると、白い歯を持続することができます。

ホワイトニングの種類

 スーパー・マーケットなどで、ホワイトニングと書いてある歯磨き粉をよく見かけますが、こういった歯磨き粉に入っている薬品は非常に微量なため、残念ながらホワイトニングの効果はほとんど見られません。
 効果のあるホワイトニングは、“ホーム・ホワイトニング”と呼ばれる、カスタム・メイドされたトレイに特殊なジェルを入れて自分で行うものと、歯医者で施術される“オフィス・ホワイトニング”があります。

ホーム・ホワイトニング

 ホーム・ホワイトニングではカスタム・メイドされたトレイに決められた量のホワイトニング・ジェルを入れ込んで装着し、それを数日間続けることで歯を白くしますが、元の歯が比較的白い方や、着色が著しい方にははあまり効果が見られません。ホーム・ホワイトニングはオフィス・ホワイトニングを1度行った後のメンテナンスとして使用される場合が多いです。

オフィス・ホワイトニング

 個人差はありますが、オフィス・ホワイトニングは一番良い結果が期待できるホワイトニング治療です。歯茎を部分的にカバーしながら治療を行うことによって濃密な薬品を使用することができるため効果が非常に高まります。

ホワイトニング以外に歯を白くする方法

 以前に詰め物などの施術を受けたり、ホワイトニングの効果が思うように出ない人には、ポーセリン・セラミックのベニアや(耐久性があり長持ちするが高価)、コンポジット・レジンとよばれる歯科用プラスチックでできているベニア(リーズナブルではあるが、耐久性が落ちる)などの治療を受けることにより美しいスマイルを手に入れられます。

ホワイトニングの治療から起きる副作用は?

 ホワイトニングを行うことにより歯が弱まると考えている人が多いようですが、2000年以来からの新テクノロジーとリサーチにより、ホワイトニングにより永久的な副作用などは見られないことが分かっています。
 ホワイトニングを行った後に、歯や歯茎が敏感になることもありますが、通常1〜2日間で収まります。時には歯茎の端が白くなるようなこともありますが、それも通常4〜5日で元に戻ります。


ノックス・キム院長
シティ・ワールドタワー歯科(Dental Clinic @ World Tower)

オーストラリア・シドニー大学歯科学部を卒業。キャンベラやストラスフィールドで勤務した後、03年にワールドタワーレーザー歯科を開院(東京・大阪・名古屋・千葉・京都・アメリカに提携クリニックあり、医療法人徳真会グループ)。一般歯科治療のほかにも多くの歯科関連資格を保持。インビザライン特別推薦ドクター。ジャパン・インビザライン・フロンティア・メンバー、東京臨床協会(SJCD)、アメリカ審美歯科学会会員。シドニー大学臨床講師。

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る