【QLD版】日本人が安心して利用できる医療・健康機関ガイド

2010年度保存版・医療と健康大特集②

2010年度保存版・医療と健康大特集②

日本人が安心して利用できる
          医療・健康機関ガイド

 言葉、環境、文化など、慣れないことが多い海外生活の中で、けがや病気、体調不良などの対処に戸惑うことは多い。いざという時に慌てないように、日本とは異なる医療・保険制度などの基礎知識は事前に見に着けておきたいもの。ここでは一般開業医(GP)から、眼科、歯科、自然療法、各種医療保険まで、知っておきたい豪州の医療事情や保険情報、さらに、「日本語が通じる」「日本人向けのサービスを提供する」「日本人のニーズを理解している」をテーマに、日本人が安心して使える医療施設などを紹介する。


一般開業医(GP)


 風邪を引いたら小児科・内科、ケガをしたら外科…と、症状別に直接専門医を訪れる日本とは異なり、オーストラリアで医者にかかる際にはまずGP(General Practitioner)と呼ばれる一般開業医を訪れる。GPは内科、小児科、婦人科、外科、皮膚科など、すべての分野の基礎知識を持っており、症状によっては専門医にかかることなく、GPを訪れるだけで解決することも多い。体の調子が何となく悪い…と思ったら、まずGPに電話で予約を入れることが最初の一歩となる。
 診察・治療は医師の許容範囲で行われ、必要であれば処方箋を書いてもらい、それを薬局に持って行って処方薬を購入する。さらに特別な検査や専門医(specialist)の診察が必要と判断された場合は、GPが専門医へ紹介状(referral)を書いてくれるので、予約後それを持って専門医を訪れることになる。
 専門医の予約には通常数週間かかり、専門医の種類や混み具合などによっては1カ月以上先になることもある。医学的に緊急を要するとGPが判断した場合は、もちろん優先して予約を取ってくれる。なお、GPが集まって開業している診療機関であるメディカル・センター(medical centre)は、診療内容は個人のGPと基本的に変わらないが、検査の設備などにおいて充実している場合が多い。深夜まで診察をしているところや、24時間体制のところもあるので、突然のケガや体調不良などに備えて、最寄りのメディカル・センターを覚えておくと便利だ。また、メディカル・センターには、一般的に男性・女性医師が常勤しているため、予約時に性別の希望を伝えればアレンジしてくれるほか、以前診察してくれた医師を希望する場合はその医師を指名することも可能。
 また、GPは具合が悪くなってから訪れるだけの機関ではない。子宮ガン・乳ガン・皮膚ガン検診や血圧検査など、健康維持にかかせない定期検査をしてもらえるほか、禁煙に関する相談なども受け付けている。
 つまりGPは、いわば医療の窓口的な存在。ただ、日本ではこういったシステムが一般的ではないため、戸惑う人も多い。そこでGPとうまく付き合うためのポイントを以下に挙げてみた。
診察にあたって注意する点は ?
 後で「これも聞いておけばよかった…」ということにならないためにも、GPでは症状の英語名を事前に確認し、診察前に聞きたいことをメモにまとめておくと良いだろう。1人の医師が各分野を診察しているので、複数の用件を質問することも可能だ。例えば、胃の具合を診てもらって、ついでに子宮ガンの検査をして…というのもOK。ただし通常、診察は予約制なので、診察室に呼ばれた際に、あらかじめ複数件の相談があることを医師に伝えよう。
 診察時は診察内容をきちんと理解し、後に間違いのない処方をするためにも、医師の説明はメモに書き留めるようにしよう。難しい医療用語なども後で調べることができるので便利だ。また診察の際には、特別な検査や処置を薦められることもあるので、迷ったらその場で答えずにきちんと理解した上で進めてもらうようにしよう。

イザという時に使える豆知識

ド忘れでも安心 ! カラダの英単語
2010年度保存版・医療と健康大特集②
▶ 緊急時でも慌てない!正しい救急車の呼び方
 緊急ダイヤル(警察・消防署・救急車)000にダイヤルし、まず救急車“Ambulance”を呼びたいことを伝えよう。するとクイーンズランド・アンビュランス・サービス(QAS)に転送され、次のような質問をされるので覚えておこう。
・ 救急車を呼びたい場所の住所は ?
・ 何が起きたのか ?
・ 患者の人数は ?
・ 患者の年齢は ?
・ 患者の性別は ?
・ 患者に意識があるか ?
・ 患者が呼吸をしているか ?
救急車を呼ぶ時の注意点
注意1:オペレーターの指示があるまで決して電話を切らないこと。救急車が到着するまでつないでおく必要があるケースもある。
注意2:万一、携帯電話から000にダイヤルしてもつながらない場合は、112へダイヤルする。
注意3:緊急ではなく、救急車の予約を入れたい際は、131-233へダイヤルする。
■Web: www.ambulance.qld.gov.au/info/request.asp#non_emergency

医療保険比較表
保険の種類 メディケア(Medicare) 民間医療保険
HCF、Medibank Private、NIBなど
海外旅行傷害保険(日本)
加入対象者 オーストラリア・ニュージーランド
国民、永住ビザ保持者、永住ビザ
申請者の一部
オーストラリア移住者
※Medibank Privateなど一部の保険会社では一時滞在者も可
海外に一時滞在する日本人
補償内容・
補償範囲
●GP・専門医での一般外来診療・検査・治療費、検眼医による検眼など
→ GPにおける受診料を含むスケジュール・フィーは34ドル30セントまで補償。各医者が設定した請求額(豪州標準64ドル)がそれを超えた場合の差額は、年間積算1,126ドルまでは自己負担、それ以上は80%給付。または、スケジュール・フィーとメディケアの給付額(=スケジュール・フィーの15%)の年間通算額が388ドル80セントを超えた場合は、以降スケジュール・フィーの100%給付
●薬代
→医師の処方箋薬に限り、33ドル30セントの自己負担額を超えた分を給付
●公立病院に公費患者として入院した場合の医療費(医師を選べない)
→基本的に全額給付
●公立・私立病院に私費患者として入院した場合の医療費(医師を選べる)
→スケジュール・フィーの75%までを給付
補償項目、補償範囲はさまざま。各自の都合で自由に組み合わせることのできる商品もある(補償項目例:歯科治療/救急サービス/在宅ケア/セラピー治療/眼鏡、コンタクト・レンズ/補聴器/薬/自然療法) 保険会社の商品内容により異なるが、滞在中の医療費や処方箋、救急医療(歯科治療などは任意で加えるタイプの商品が多い)を補償。 
保険料のクレーム方法 Direct billingもしくはBulk billingの医療機関は、医療費全額を直接政府に請求しているためキャッシュレス。それ以外の場合は、支払いをすませた後、その際にもらった領収書を添付してメディケア・オフィスへ補償額分を還付請求する。 支払いがすんでいればレシートを添付し、各保険会社のclaim form(各社のウェブサイトから印刷可)に必要事項を記入して補償分を請求する。郵送の場合は小切手が銀行振込、各オフィスで直接クレームした場合は現金で還付される。 保険会社と提携している医療機関の場合はキャッシュレス。それ以外は、帰国後に掛かった費用を保険会社へ請求する。オーストラリアに支店のある一部の保険会社では、オーストラリアで請求できるところもある。
備考 私費患者として入院した場合の病室や手術室の使用料金など、メディケアではカバーされない項目も多いので注意。自己負担分や、メディケアでカバーされない歯科、救急サービスなどを補うものとして民間医療保険がある。 補償項目・範囲とも多岐にわたるので慎重に検討を。通常、加入後一定期間は保険が適用されないウェイティング・ピリオドがある。永住者は年齢により保険料の30〜40%の割引が受けられる。一方、31歳の誕生日を迎えるまでに加入しないと保険料が割高になる。 オーストラリアでは加入できない。長期にわたって一時滞在する場合は、日本に一時帰国した際に契約を延長するか、日本の家族に手続きを代行してもらう必要がある。

2010年度保存版・医療と健康大特集
ゴールドスミス医師(左)と通訳の森さん

GP ゴールドコースト
International Medical Centre
日本語医療センター

365日対応してくれる日本語医療サービス
 開業12年、医師全員が20年以上の経歴を誇り、専門医や入院施設とも幅広いネットワークを持つ医療センター。日本の主な海外旅行保険会社とも提携しているので、加入保険プランに含まれる症状なら、診察料、通訳料、薬代などの各支払いがすべてキャッシュレスで可能。日本語の話せるスタッフが常勤し、無休で対応してくれるので心強い。また、専門医や検査が必要な際には、予約や通訳も手配してくれる。

安心①-予約制なので待ち時間が少なく、事前に電話をすれば当日の診療も可
安心②-目の病気(視力検査は除く)や、妊婦検診(出産は除く)、ケガなど幅広い症状に対応

2010年度保存版・医療と健康大特集

■住所:Level 2, 1 Cavill Ave., Surfers Paradise
■Tel: 1800-123-119(QLD州内フリーダイヤル)、(07)5538-6355
■Fax: (07)5538-0058
■営業時間:毎日9AM~6PM (緊急時は時間外でも対応)
■利用可能カード:VI SA、MASTER、AMEX、DINERS、JCB、BANK CARD
■日本語環境:日本人レセプショニスト、通訳者常勤


2010年度保存版・医療と健康大特集
頼れるドクターと通訳者の大石さん

GP ケアンズ
CTL Medical Services
CTLメディカル・サービス

日本人患者を中心に診察を行う一般医
 経験豊富な2人の医師が丁寧に対応してくれる一般開業医。日本のすべての海外保険会社と提携しているので、保険適応内であれば、診察代、薬代、検査代、通訳代が無料となる。親身に対応してくれる通訳者が常勤しており、英語が苦手な人でも安心。診察は予約不要で、待ち時間が少ないのも嬉しい。また、移住省指定病院なので、ビザ申請時などに必要となる健康診断もここで受けられる(要予約)。

安心①-2人の医師は、26年にわたり日本人患者を中心に診察を行っている
安心②-専門医の紹介や、日本人通訳者の同行サービスも請け負ってくれる

2010年度保存版・医療と健康大特集

■住所:Cairns Corporate Tower, 15 Lake St., Cairns
■Tel: 1800-450-110(日本語フリーダイヤル)
■Web: www.ctlmedical.com.au
■診療時間:月~金8:30AM~6PM、土9AM~12PM、日・祝休
■利用可能カード:AMEX、BANK CARD、EFTPOS、JCB、MASTER、VISA
■日本語環境:日本語通訳者、日本人スタッフ常勤


2010年度保存版・医療と健康大特集
最先端の施設が整った診療所

歯科 ゴールドコースト
Prime Dental Care
プライム歯科医院

民間医療保険に加入する在住者に人気
 民間医療保険会社と提携している歯科医院。メディバンク・プライベートやHCFの歯科治療をカバーするプランに加入している場合は、年に2度の歯科検診が無料で受けられる。英語環境だが、日本人にも優しく丁寧に対応してくれると評判。

■住所:Suite 1, 240 Varsity Pde., Varsity Lakes(ボンド大学の隣)
■Tel: (07)5580-8575
■診療時間:月~金9AM~5PM
■利用可能カード:MASTER、VISA
■日本語環境:英語のみ


2010年度保存版・医療と健康大特集
同店のマッサージ師、ベンソンさん

治療マッサージ ゴールドコースト
Immaculate Remedial Massage
イマキュレイト・リメディアル・マッサージ

治療マッサージでこりや痛みを解消
 昨年12月に新規オープンしたマッサージ店。日本人を含めアジア人のニーズをよく知る香港人のマッサージ師が、リラクゼーション・マッサージから本格的な治療マッサージまでを提供している。治療マッサージは、首・肩のこり、頭痛、血行不良、坐骨神経痛、関節痛、スポーツによるケガなど、さまざまな体の不調に対応。診察と20分のトリートメントで35ドルと、価格もリーズナブルで嬉しい。

安心①-治療マッサージの資格を持つマッサージ師が、丁寧に対応
安心②-「診察・治療後に改善が見られない場合は支払いを請求しない」というポリシーを持つ

2010年度保存版・医療と健康大特集

■住所:Shop 22, 9 Beach Rd., RSL Centre, Surfers Paradise
■Tel: 0419-877-422
■診療時間:毎日10:30AM~5PM
■利用可能カード:現金のみ
■日本語環境:英語のみ


2010年度保存版・医療と健康大特集
日本人検眼医の吉川ひろみさん

検眼 ブリスベン
Image Eyewear
イメージ・アイウエアー

日本語による目のトータル・ケア
 眼鏡やコンタクトレンズの処方、レーシック(視力矯正)手術の相談とアフター・ケア、一般検眼(緑内障、白内障、糖尿病性網膜症検診)、小児検眼などを提供する検眼クリニック。経験豊富な検眼医が、常に最新機器と技術を駆使して診断してくれる。昨年から日本人の検眼医が加わり、日本語での診断が受けられるようになった。メディケアや民間保険加入者は診察料の払い戻しをその場で請求できるので便利。

安心①-日豪間で異なる検眼制度の違いを理解した日本人検眼医が、個々の目の悩みに親身に日本語で対応
安心②-デジタル眼底カメラによる検査が受けられ、心臓や脳に関連する病気の早期発見も可能

2010年度保存版・医療と健康大特集

■住所:Shop 6/996 Waterworks Rd., The Gap
■Tel: (07)3300-2557
■Fax:(07)3300-2587
■診療時間:月~水・金9AM~5:30PM、木10AM~7PM、土9AM~1PM
■利用可能カード:AMEX、BANK CARD、MASTER、VISA
■日本語環境:日本人検眼医勤務


2010年度保存版・医療と健康大特集
頼れる歯科医とフレンドリーなスタッフが対応

歯科 ゴールドコースト
Jack Y Chen Dental Surgery
ジャック・ワイ・チェン歯科医院

虫歯の治療から審美まで手がける歯科医院
 アジア人やオージーなど、多国籍な患者を10年以上治療しているジャック先生と、日本語を話せるトニー先生のフレンドリーな対応が評判の歯科医院。日本で治療した箇所の再治療や、通院回数を少なくするための集中治療など、さまざまな症状に適切な処置をしてくれる。また、審美治療(クラウン、ブリッジ、ラミネート・ベニア、ホワイトニング)も行っており、矯正やインプラントについても気軽に相談に応じてくれる。
 電話で予約をする際は英語になるが、日本語で予約をしたい場合は受付に自分の名前と電話番号を伝えれば、日本人スタッフから折り返しの電話を待つことが可能。ジャック先生の治療を受ける場合も、日本人アシスタントが通訳をしてくれるので安心だ。
 大型ショッピングセンター「オーストラリア・フェア」から徒歩5分の場所にあり、バス停も目の前なので、通院にも便利。

2010年度保存版・医療と健康大特集
スカボロウ・ストリートにある、この歯の看板が目印 !

ココが安心!
安心①-土曜日(8AM~1PM)の診療も行っているので、平日に時間が取れない人でも通院しやすい
安心②-日本の保険(国民健康、社会、共済)に加入している人に書類を作成してくれる(帰国後に日本での請求が可能)
安心③-歯科治療費は、ADA(オーストラリアン・デンタル・アソシエーション)の価格表に基づいた適正価格

2010年度保存版・医療と健康大特集

■住所:1st Fl., 10 Scarborough St., Southport
■Tel: (07)5571-0866
■診療時間:月~金:8AM~5PM、土:8AM~1PM
■利用可能カード:AMEX、MASTER、VISA
■日本語環境:日本語の話せる歯科医・日本人スタッフ常勤

新着記事

新着記事をもっと見る

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る