【乙女修行】オイルで自然派・肌ケア計画!

女を磨く、がんばる女子のためのコラム

続・乙女修行にいざ行かん

部員Zの女磨きレポート

オリーブ、アーモンド、ココナッツ…
オイルで自然派・肌ケア計画!


 いかに肌をきれいに保つか、は女性にとって永遠のテーマ。敏感肌、日焼けしやすい、そして面倒臭がり、という三重苦を背負いつつ、なかなか自分に合う化粧品が見つからなかったスキン・ケア難民の部員Zが、ついに出会ったオイル・ケア。100パーセント自然素材で作られた植物油を顔や体に直接使うこの方法、使い心地と効果はいかに。

石油由来成分(界面活性剤、防腐剤、香料、着色料)に依存した化粧品は肌から浸透して内臓を傷つけていることも珍しくないので、できるだけ安全な成分のものを選びたいのだが、やはり良質なものは高価である。庶民の財布に優しく、しかも使う手間がかからず、画期的なスキン・ケア方法はないものか。とりわけ昔から肌荒れと吹き出物に悩まされがちだったため、肌のきれいな友人・知人を捕まえては使っている化粧品を聞き出すことに余念がなかったが、結局他人は他人。元の肌質や体質が違えばベストなケア方法も当然ながら違うのだ。

ならば自分と似た体質の人に尋ねてみては、と考え始めて思い当たったのが実の祖母。そこに気づくまでにかなり遠回りをした。灯台下暗し、親族影薄しである。しかも彼女、齢80過ぎにして肌がツルツルでシミもほとんど見当たらないという、年齢詐称疑惑が持たれる奇跡の老婦人なのだ。身内のひいき目を差し引いても、ことに肌に関してはきれいな女性である。

さっそく祖母に奇跡の秘訣を聞いてみると、「若いころは油で顔の手入れしていたの。日本人の肌に合うのよ」。何の油なのか尋ねるも成分は不明、ただの化粧油だと言うばかり。まさかサラダ油ではあるまい。祖母へのリサーチはそこで頓挫したが、保湿やメイク落としに使っていたという情報を手掛かりに、いざインターネットで検索。日本で元々使われていたというひまし油や椿油以外にも、高い美容効果を持つオイルが次第に分かってきた。

実際にオイル・ケアを試してみる

オリーブ・オイル、アプリコット・オイルなどいくつかの変遷を経て辿り着いたのが、ココナッツ・オイル。女優ミランダ・カーが愛用していることでも近年有名になったが、日本ではまだ市民権を得た商品とは言い難かった。

しかしオーストラリアでは大型スーパー・マーケットならオーガニック食品コーナーなどで簡単に手に入る一般的なオイルで、融点が高く真夏の高温以外では完全には液体化しないため、ジャムのような形のビンからスプーンですくって使うようになっている。融点の低いオイルと違って酸化しにくく、体の活性酸素を除去しアンチ・エイジングに役立つというのが最大の特長だ。

まずクレンジングにココナッツ・オイルを使い始めると、粘度は過去に使ったことのある石油系クレンジング・オイルと同レベルで使いやすく、オリーブ・オイルなどとは比較にならないほどサラサラしている。香りも当然ココナッツ特有のさわやかな甘さがあり、使ったその日から既に愛用の予感が。メイクの落ちも良く、洗い流した後の残留感も極めて薄く満足度が高い。使い始めてから数カ月経ったが、吹き出物は出なくなり、乾燥しがちだった肌は徐々に改善が見られているので、このまましばらくお世話になりそうだ。

さらにココナッツ・オイルは日焼け止め効果もあるという優れ物。日中1時間ほどであれば効能が続くそうなので、休日のおつかい程度なら肌に負担のある市販のサン・スクリーンの代わりに使っているが、使用感も軽く効果は上々。保湿効果も高いので、乾燥が気になる時には洗顔後のパック代わりに肌や唇に薄く塗り、しばらく置いてから軽く拭き取るのも非常に効果があった。

ダイエットにも効くココナッツ・オイル


スイート・アーモンド・オイルとココナッツ・オイル(部員私物)

ココナッツ・オイルに含まれる中鎖脂肪酸は、ほかのオイルの長鎖脂肪酸と違って中性脂肪になりにくく、腸内をきれいにしエネルギー代謝を活性化させるので、内側からもスキン・ケアをサポートし、油なのにダイエットに効果的と食用にも完璧。ウェイト・コントロールに用いるスポーツ選手もいるらしい。

お茶に溶かして飲む、炒め物やサラダ・ドレッシングに使うなどして試したが、味も香りも気にならないどころか予想外に美味しく、ほかの食用油を買う必要もなくなった。300グラムで10ドル前後とオイルにしては割高だが、化粧品としては安価。クレンジング剤と日焼け止め、ダイエット食品と食用油も兼ねているし、大型のビンで購入すればさらに低価格な商品もある。

すっかりココナッツ・オイルに魅入られた部員Zだが、現在スイート・アーモンド・オイルの髪へのトリートメント効果についても実験中である。こちらはオーガニック食品・雑貨店で250グラムで8ドルほど。当面使い続ける予定なので、その結果はまたいつか。

 幌北学園 blancpa novel-coronavirus nichigowine  kidsphoto

新着記事

新着記事をもっと見る

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る