ホーム・スクーリング②/オーストラリア教育あれこれ

オーストラリア教育あれこれ
ホーム・スクーリング②

 7月号では、学校に通学せず、家庭に拠点を置いて学習を行う「ホーム・スクーリング」の概要をお伝えしました。今回は「ホーム・スクーリング」の手続きの手順や、サポート・グループについての情報をお伝えします。

 ホーム・スクーリングの申請書はNESAのホームページからダウンロードできます。申請書を提出してからアセスメントなど全ての手続きが終わるまで、長くて約12週間(平均7週間)掛かるようなので、開始したい時期の3カ月前には申請するのが好ましいと言えます。

 手順は、

  1. 申請書の提出
  2. NESAから担当官へ連絡
  3. 担当官が申請者の家へ訪問
  4. 担当官からNESAへ報告
  5. NESAが担当官の報告を吟味
  6. NESAからホーム・スクーリングの証明が届く

となります。

 担当官はホーム・スクーリングの環境などについてチェックしていきますが(内容は7月号参照)、その過程で子どもを査定するようなことはありません。ただし申請の過程にあっても、保護者はただ待つだけではなく、子どもに学ぶ環境を与え、記録していなければなりません。

 ホーム・スクーリングを実施するに当たって、保護者が教える場合、保護者は教員資格などを持っている必要はありません。

 証明書が発行されたら、正式にホーム・スクーリングのスタートです。どのようにプログラムを組むかは、保護者の考え方次第です。学ぶ順番やメソッドは、子どもに合ったものを選びましょう。NESAのサイトにはサンプル・プログラムも出ていますので、参考にするといいでしょう。

 また、ホーム・スクーリングをサポートする以下の団体があります。ただし、NESAはこれらのグループを薦めたりすることはないため、自分で調べる必要があります。

■ボランティア・ベース

■ビジネス・ベース(有料)

回答者

内野 尚子

内野 尚子

在豪24年。デイケア、プリスクールAuthorized Supervisor、補習校の教師兼代表を経て2007年Universal KIDS設立。19年よりオンライン・スクールJWAで保護者向け「家庭教育講座」「子育て講座」を随時開講。
Web: ユニバーサルキッズ:universalkids.com.au、日本語継承ワールドアカデミー:https://1x4jwa.com

 CJM Lawyers  Harding legal 幌北学園 kidsphoto nichigowine
日豪プレス 配布場所   日豪プレス 新刊発行    Oishii Japanese Restaurant Guide Covid-19 最新情報

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL


新着イベント情報

新着イベントをもっと見る