乳糖不耐症と母乳育児について

BreastFeeding

BreastFeeding

乳糖不耐症と母乳育児について

今回は赤ちゃんの乳糖不耐症についてお話してみたいと思います。

乳糖不耐症とは、ラクターゼという腸内酵素が生産不能または十分に生産ができない場合に起こる、不耐に関する諸症状のことで、多くの場合、消化不良や下痢などの症状を呈します。

ラクターゼは、腸内でミルクに含まれる糖を分解し、消化吸収を助ける働きがあります。乳糖不耐症の主な症状は機嫌が悪く、おならを多く出し、鼓腸(腸内にガスが大量にたまって腹が膨れ上がった状態。腸閉塞や腹膜炎などで見られる)があったり、水っぽい、時に緑がかった便をしたりします。

しかし、先天性の乳糖不耐症の赤ちゃんは極めてまれです。先天性の場合、出生時からの体重増加不良や、脱水が激しく、緊急な治療が必要とされます。ですから、ほとんどの乳糖不耐症は何らかの病気が引き金になって、腸内の環境が一時的にバランスを崩し、発症する続発性のものであると言えます。

例えば、腸炎、消化不良や食物アレルギーが挙げられます。

母乳育児の赤ちゃんの場合、母親の食べた卵、大豆、そして牛乳などに含まれるたんぱく質が、母乳に移行して起こります。また、寄生虫による病気などでも、乳糖不耐症の症状が起こることがあります。

この続発性の乳糖不耐症は一時的なものであって、腸内の環境が元に戻れば症状も消失します。そして、症状のある間でも、母乳育児は続けて行くことが可能です。

母乳には、腸内の環境を整え、治癒を助ける成分が含まれていますので、一般的には母乳を続けて差し障りはありません。牛乳のアレルギーと乳糖不耐症はよく混同されがちで、両者は同じものであるとの誤解も多いようですが、実は全く違うものです。

牛乳にはたんぱく質も乳糖も含まれいて、このたんぱく質に赤ちゃんがアレルギー反応を起こして、続発性の乳糖不耐症を起こすことから、このような混同が起こっているものと思われます。

しかし、牛乳アレルギーが原因である場合、母乳を止めて人工乳に変えると、余計に症状を悪化させますから、まず初めに乳糖不耐の原因を明らかにしてから、人工乳を使う必要があると思います。

赤ちゃんの症状が長期間に渡り発育を阻害するほどひどい場合は、乳糖フリーのミルクなどでの栄養補給が必要な場合もありますし、医療機関での継続的なフォローが必要です。


働くママの妊娠・出産・育児奮闘記

スケッティーノ潤子
(すけってぃーのじゅんこ)

プロフィル◎ウロンゴン病院勤務助産師。日本の公立病院で助産師として20年間勤務後、2005年に来豪。国際認定ラクテーション・コンサルタントIBCLC(母乳育児のスペシャリスト)

新着記事

新着記事をもっと見る

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る