諦めない、頑張りすぎない、認めてあげる

Heritage Language 継承日本語教育を考えよう

諦めない、頑張りすぎない、認めてあげる



 子どもたちの日本語教育に携わる中で、次のような質問をよくいただきます。
 「子どもに日本語で話しても英語で答えが返ってきます。日本語もあまり分かっていないようなのですが、どうしたらいいでしょうか?」
 「日本語での読み書きにあまり興味を示しません。うちの子は言語能力が低いのでしょうか?」私はこのような質問をいただく度に次の3つを強調しています。
諦めないで、日本語での話しかけを続けてください
 英語での社会生活や教科学習が進むにつれ、英語の発話が増えるのは当然のことです。そこで保護者が「日本語が分からないようだ」と判断して英語に切り替えると、ますます英語と日本語の語いに差が出てきます。子どもたちは、毎日未知の英語に接しながら状況判断や学習を通じて意味や用法を学び、語い力を拡大しています。ですので、お子さんの英語に対して適切な日本語に置き換えて相づちを打ったり、問いかけを続けてください。“耳で聞いて分かる”状態を保っておけば、読み書きでの理解に繋がります。また、日本への一時帰国や日系コミュニティーの活動の参加などを通じて、日本語を使う機会を与えることも大切です。

継承日本語教育を考えよう

日本語学習を頑張りすぎたり、強要しないでく ださい
  日本へ帰国する予定がある場合を除き、こちらで育つ子どもたちにとっては、英語での思考力、判断力、社会性の発達を優先させるべきです。ですので、子どもたちの発達段階や言語能力によっては、日本語学習をペースダウンした方がいい時期もあります。言語学習は継続が重要です。頑張りすぎず、無理なく続けることが肝要です。
日本語や日本文化に興味を示さなくても、そのことでお子さんを非難したり、親が落胆しすぎないでください。お子さんの良い面、好きなこと、得意分野を伸ばすことを考え、お子さんを認めてあげてください。
 これは言語に限らず、子育て全般に言えることですが、親の期待や意図がお子さんの現状と異なっても、その子らしさを認めることが大切です。お子さんのあるがままを受け止めて、得意分野を伸ばす過程で日本語や日本文化との関わりを持つことも可能です。
 現地校のカリキュラムや受験勉強と違って、継承日本語教育に明確なゴールや合否というものは存在しないと思っています。日本人バックグラウンドを持つこと、日本語や日本文化を理解することを前向きに捉え、子どもたちの人生にプラス要因を作ることができたなら、それは「継承日本語教育」の中で成功と呼べるのかもしれません。


継承日本語教育を考えよう

JCS教育支援委員会
シドニー日本クラブ(JCS)会長、担当理事、日本語学校代表者により構成され、JCS日本語学校3校の運営支援、継承日本語教育の研究・普及に努めている。日本語スピーチ・コンテストや「継承日本語」に関するワークショップを開催
オークス直美(オークスなおみ)
プロフィル◎2001年よりシドニー在住。2003年よりJCS日本語学校NB校での教師を務める。ルドルフ・シュタイナーの教育理念による幼児教育をシドニーの専門学校で学び、現在、自宅にてシュタイナー思想を取り入れた幼児教室を主宰。JCS教育担当理事

新着記事

新着記事をもっと見る

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る