オーストラリアのビジネス系大学、大学院留学の薦め 2

オーストラリア留学でキャリア・アップ

オーストラリア留学でキャリア・アップ
留学会社のカウンセラーが、オーストラリアのさまざまな学部・学科をご紹介。

オーストラリアのビジネス系大学、大学院留学の薦め 2



 日本の大学でメジャーな学部といえば法学部か経済学部ですが、これはいわゆる「つぶしがきく」学部だと考えられているからでしょう。実際、何をしたいかが大学受験時に明確でないなら、とりあえず法か経済という風潮は依然としてあると思います。確かに社会に出ると、法律のバックグラウンド、あるいは経済学の考え方というのは少なからず役に立ちます。
 しかし、実践主義に即したオーストラリアの教育を鑑みると、法学部は弁護士または法曹界希望者、経済学部は経済または政策を本格的に学びたい人が行く学部で、ビジネス・パーソンとして企業や個人で独立して事業をしようと考えている人は経営学部、商学部に行きます。ですから、オーストラリアは経営・商学部の人気がたいへん高く、コース内容も非常に実践的です。国内すべての大学にこの学科は設置されており、専攻内容も会計、マーケティング、財務、人事労務、ITビジネスなど幅広い分野の中から選択できます。中には、観光・ホスピタリティー・マネジメント、スポーツ・ビジネス、病院経営、環境ビジネス、ワイン・ビジネス、エンターテイメント産業ビジネスなどに特化したコースもあります。通常、学部は3年ですが、他学部(人文学部、工学部、環境学部、理学部など)と組み合わせて4~5年のダブル・ディグリーを取る学生もいます。
 また、日本とオーストラリアは高校教育制度が違いますので、日本の高校を卒業した人はファウンデーション・コースと呼ばれる、日本の大学の教養課程に当たるコースを8~12カ月取る必要があります。
 大学院の場合、各大学が1~2年のコースを設置しています(1.5年コースが一番ポピュラーです)。大学時代の専攻は必ずしも商・経営・経済系である必要はなく、法学部や文学部、教育学部、あるいは理系出身の人も数多く学んでいますし、むしろそういう人の方が大学院にも好まれます。オーストラリア人の学生の場合、昼間はフルタイムで働きながらパートタイムで大学院に通っている人が多く、年齢も大学の新卒者(20代前半)から40~50代のマネジャー・クラスまでさまざまです。クラス内では、国籍はもちろん、幅広い年齢層の学生が学ぶことになり、必然的に議論も活発化します。


NA0904_STAF_L3.jpg

山口幸司(やまぐち こうじ)
金融業界経験後、シドニー大学大学院MOTコースに留学。一時休学を経て2007年7月卒業。現在、スタッフ・ソリューションで留学カウンセラーを務める。日本での人事担当経験と現職の経験を活かし、就職に有利な留学アドバイスを行う。日豪の就職事情にも精通。

 幌北学園 blancpa novel-coronavirus nichigowine  kidsphoto

新着記事

新着記事をもっと見る

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る