第9回 「愛想のいい」

慣用表現英語でDo You Know ?

日本語の慣用表現
        どう言うの
英語で Do You Know ?
オーストラリア国立大学
アジア研究学部日本センター准教授 池田俊一

第9回 「愛想のいい」

 師走を迎えると、何となくすべてがせわしなく感じられ、いつも愛想のいい顔ばかりしていられなくなる。今回は、この「愛想」という言葉に関する表現を取り上げてみよう。
「愛想」という言葉は、元々「あいそう」だったが、今では「あいそ」と発音するのが普通である。辞書で意味をひもとくと、civility; affability; amiability; courtesy; compliments; sociability; graces; hospitality と多岐にわたっており、表現によって訳を変える必要がある。
例1 右隣の家の人はとても愛想のいい人だが、左隣の家の人は愛想が悪い。
My neighbour on the right is a most gracious person, but one on the left is unsociable.
愛想が悪いことを「無愛想」(ぶあいそう→ぶあいそ)とも言う。
例2 あの人は、いつも無愛想な返事をする。
He always replies in a monosyllable. / He always gives a curt/blunt answer.
例3 懸命に頼んだのだが、無愛想に断られた。
I requested earnestly, but it was rejected point-blank. / Despite my repeated requests, it was given a flat refusal.
「愛想」は、「いやになる」という意味で「愛想が尽きる」「愛想を尽かす」(to be disgusted with; to run out of patience with)という表現に使われている。
例4 何度言っても直らないから、あいつの馬鹿さ加減には愛想が尽きた。
No matter how many times I have told him, he won’t change and I’m quite disgusted at his stupidity.
例5 あの人は怠け者なので、とうとう彼女にも愛想を尽かされたようだ。
He is such a lazy person and his idleness seems to have finally alienated his girlfriend as well.
また、心からの気持ちのいい微笑みではなく、上辺を取り繕うだけの笑いを「愛想笑い」(insincere smile; ingratiating smile; forced smile) という。
例6 鳩山さんはなんと言っていいか分からず、愛想笑いでごまかした。
Hatoyama-san was at a loss as to what to say and he merely reacted with an ingratiating smile.
来年も、お互いに愛想よくもてなすことができるような、良い年でありますよう。(I hope that next year will also be a good year, such that we can treat each other with much hospitality.)
■気になる表現、募集中 日本語の「気になる」慣用表現を池田先生が英語を交えて解説します。知りたい慣用表現がある方は、下記の宛先までメールしてください。ご応募お待ちしています。
Email: nichigopress@gmail.com
件名:日本語・池田先生係

新着記事

新着記事をもっと見る

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る