「女子力」を英語で説明してみよう

オージーに英語で説明してみよう!

オージーに英語で説明してみよう!

Japanese Culture
 
日本人には常識でも、文化の違うオージーにはイマイチ伝えづらい…。
そんな時にぴったりの表現や話の流れをご紹介。
 
—– Story ——-
「この間、クラスメートの知子が『私、女子力ないわぁ』ってしょげていたけど、これってどういう意味?」

 

池田俊一 オーストラリア国立大学アジア・太平洋カレッジ日本センター所長 協力:池田澪奈


 

第6回

Tell me about “Joshiryoku”.

「女子力」って何?

Aussie: Can I directly translate “joshiryoku” to “girl power”?

You: You would think that from the kanji, wouldn’t you? But it actually means something a bit different. “Joshiryoku” is a relatively new word, and although there is no set meaning to it, it is generally used to describe the skill of being a fascinating girl or woman.

A: Huh? But girls wouldn’t need any skills to be a girl, though…?

Y: Apparently, you do. These things can involve taking care of your appearance by wearing make-up and nice clothes, being courteous to those around you and speaking in a polite manner, just to list a few.

A:So it’s like the ability to bring out one’s feminine side?

Y: You could say so. The interesting thing though, is that “joshiryoku” isn’t about one’s ability to be popular with the males – that would instead be called “miryoku”.

A: I was just about to ask what the differences between those two are!

Y: So, “joshiryoku” is in fact a term used more frequently between females to describe one another or self evaluate oneself. For example, wearing a skirt. Many Japanese magazines and clothes stores promote that a frilled mini skirt would give your “joshiryoku” a boost, but let’s be honest here – would it be attractive on all girls?

A: Probably not. It would suit some girls, but other girls would look better in jeans.

Y: Exactly. So, a girl could wear a frilled mini skirt, and feel like she is being feminine, but it might not necessarily be “miryoku-teki” for males.

A: I see. I reckon that this “joshiryoku” business shouldn’t be considered very seriously, because you should dress and act in a way that you are most comfortable with.

Y: Hear, hear!

A:By the way, is there a word called “danshiryoku”?

Y: Not that I know of, but who knows? It might become the next big thing for Japanese boys & men!?

 

説明する時のミソはこれ!

「女子力」とは、女性のメイク、ファッションなどに対するモチベーションやレベルなどを指す言葉で、他人に対し「あの人、女子力あるわぁ」と使えるし、自分で自分のことを自嘲気味に「私、女子力ないわぁ」という風にも使える。いわゆる「女らしさ」とは少しニュアンスが異なり、(1)目に見える所だけではなく、見えない所の美を追求しようとする精神(下着のオシャレを楽しむことなど)が大事、(2)かわいさだけではなく、仕事をそつなくこなす賢さも必要、(3)外面だけではなく、内面を磨くことに切磋琢磨する女性を目指す、というようなことを強調する点に特徴がある。また、「あの子、男の前では女子力を前面に出してるよね」というように「男性受けを狙っている」という負の意味で使われることもある。いずれにしても、女性が生まれつき持っている能力に加えて、女性であることを自覚して努力していく力を「女子力」というようだ。今のところ「男子力」という言葉はないことも添えてみては?

 

【単語・成句】
apparently, you do…(言われたことを受けて)ところがそうじゃないんだ
just to list a few…ちょっと思いついただけでも
to bring out〜…〜を引き立てる/〜を引き出す
(be) just about to〜…〜しようと思っていたところなんだ
would give〜a boost…〜をより魅力的にする
let’s be honest here…正直言って
I reckon…自分的には *オーストラリア人が、I thinkの代わりによく使う表現
Hear, hear!…そうそう!
who knows?…(でも)分かんないよ
 
【会話文で使える表現】
not that I know of…知る限りでは(そんなことは)ないと思うけど、だからと言って〜“I don’t know.” と言うと、「さあ、知らないね」という突き放したような返事で会話がそこで途切れてしまうが、この表現を”but” でつなぐと「知らないけれど、(そのようなことが)あるかも知れないね」と会話をふくらませることができる。
例:“Is there a big event here today?” “Not that I know of, but judging from the number of people hurrying to that direction, there ought to be something going on…”…「今日、ここで何か大きなイベントがあるのかな?」「さあ、知らないけど、多くの人があっちに急ぎ足で向かっているから、何かあるんだろうね」

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る