英語で説明できる!? 「クールビズ」

オージーに英語で説明してみよう!

オージーに英語で説明してみよう!

Japanese Culture
 
日本人には常識でも、文化の違うオージーにはイマイチ伝えづらい…。
そんな時にぴったりの表現や話の流れをご紹介。
 
—– Story ——-
「この間、バイト先の店長に『今年の夏はクールビズだ』と言われたんだけど、これって何?」

 

池田俊一 オーストラリア国立大学アジア・太平洋カレッジ日本センター所長 協力:池田澪奈


 

第6回

What is Kuuru Bizu?

クールビズって何?

Aussie: It sounds like an English word but it’s not – what does it mean?

You: “クールビズ” (cool biz) is a term made up from the words “cool” and “biz” (an abbreviation for business). It’s t he name of t he campa ign t he Japanese Ministry of Environment began advocating in the summer of 2005, as a way to help reduce CO2 emissions and electricity use by turning down air conditioners to 28 degrees in offices.

A: Oh I see. When does this occur?

Y: “クールビズ” usually runs from the 1st of June until the 30th of September. During this period, businesses also encourage workers to dress down by ditching their suits and ties for short-sleeved shirts, in the hope that workers can work morecomfortably, as 28 degrees is still quite hot.

A: Wow, so people can just go to work wearing what they wear at home or on the weekends?

Y: Well, almost. Casual clothing such as loose polo shirts, jeans and joggers were allowed at some companies, but some questioned whether this is appropriate ‘work gear’, and refused to allow their workers to wear clothing outside of the’norm’ for businessmen / businesswomen.

A: Fair enough though. It would kind of
be hard to take someone seriously if they came into a meeting with a T-shirt on…!

Y: True. But, it IS for a good cause. Also,ever since the Tohoku earthquake and tsunami happened in March 2011 – which led to many nuclear power plants being shut down and the country having an energy shortage – the government has been promoting “スーパー・クールビズ” (super cool biz). This upgraded version of the previous campaign urged businesses to make more eco-friendly decisions, such as turning off all the computers & lights during lunch hours, for example.

A: Sounds like a really beneficial campaign overall!

Y: It is, and we can only hope that these ideas of becoming energy efficient reach more people over the coming years.

 

説明する時のミソはこれ!

普通は、「クールビズ」のような言葉は、ファッション界など流行を作り出すところから生まれるのだが、この言葉は、政府主導で始まったところがミソ。日本が、官民一体となって、環境問題に取り組む一環として推し進めていることを、強く訴えたい。背広やネクタイ業界からは、売れ行きに影響がある、といったような批判が出たようだが、おおむね好評で、調査によると国民の9割ほどが「クールビズ」のことを知っているという結果が出ていて、国民の間に浸透していることを示している。皆の努力で環境問題を少しでも減らすことにつながるのであれば、ほかの国々にも大いに広めたいものである。

 

【単語・成句】
it sounds like〜…〜のようだけど
a term made up from X and Y…XとYを掛け合わせた言葉
as a way to〜…〜する一環として/する方法の1つとして
by turning down…下げることによって
run(s) from〜until / to…〜から…まで実施される/行われる
by ditching X for Y…XをやめてYにすることによって
in the hope that〜…〜ということを期待して
some question(ed) whether〜…〜かどうか首をかしげる向きもある(あった)
work gear…仕事着
outside of the ‘norm’…「許容範囲」を超えている
take someone seriously…そういう人をまともに相手する
for a good cause…いいことのため(だからね)
over the coming years…今後数年の間に
 
【会話文で使える表現】
■fair enough…そりゃそうだね 
誰かが言ったこと、説明したことに対して、「なるほどね」「そういうことか」「当然だね」と言った言葉で表されるような、自分なりに納得した時に使う表現。
例①“She was furious, because the waiterwas quite rude to her.” “Fair enough. I’veexperienced the same with the same waiterat the same restaurant.”…「あの人、ウエイターが無礼だったから、カンカンだったわ」「そりゃそうだろうな。僕も同じレストランの同じウエイターにひどい目に遭っているから、よく分かるよ」
例②“I can’t come to your party, becauseI’ve got to work till late on that day.” “Fairenough, but if you like, you can alwayscome after work.”…「その日は遅くまで仕事が入っているから、君のパーティーには行けないんだ」「うん、分かった。でも、良かったら仕事帰りに寄ってみて」

新着記事

新着記事をもっと見る

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る