「ヒトカラ」をオージーに説明するには?

オージーに英語で説明してみよう!

オージーに英語で説明してみよう!

Japanese Culture
 
日本人には常識でも、文化の違うオージーにはイマイチ伝えづらい…。
そんな時にぴったりの表現や話の流れをご紹介。
 
—– Story ——-
「昨年くらいから増えてきたというヒトカラのお店。そもそもヒトカラって何?」

 

池田俊一 オーストラリア国立大学アジア・太平洋カレッジ日本センター所長 協力:池田澪奈


 

第6回

“What is Hitokara?”

ヒトカラって何?

Aussie: Since it’s written in katakana, I’m going to guess that it’s like that abbreviated loan word, “クールビズ(cool biz)”, which we talked about a few months ago?

You: It sure follows the same pattern. “ヒトカラ (hitokara)” is a term made up from the abbreviated versions of the words “ひとり (one person)” and “カラオケ (karaoke)”.

A: Wait a sec – one-person karaoke? People go to karaoke by themselves?

Y: Yes, they certainly do . It is becoming a popular trend in Japan, especially amongst young people, and there seems to be a growing number of karaoke places which accommodate for single customers.

A: But in all honesty, I can’t really imagine it to be fun, though. All the times I’ve been to karaoke so far have been with friends or work colleagues, so going by myself would be a bit…

Y: Daunting?

A: Yes, and also sad!

Y: Haha, maybe. But it’s apparently not all that bad. For instance, if you’re not confident singing in front of others, you might like to build up your confidence first by going to practice by yourself in the first place. Also, you might like to sing a song no one else would know (meaning you wouldn’t pick it in a group situation), or try out different singing styles to your heart’scontent, without deafening another’sears!

A: Actually, you have some good points there. You also won’t have to share the microphone, hey!

Y: On top of which, it’s better value for money since it’ll always be you who gets to sing and / or dance!

A: Well looks like I’ve been persuaded to go try “ヒトカラ” now. First up I’ll sing the Pokemon theme song!

Y: Yeah, go for it!

 

説明する時のミソはこれ!

カラオケは、そもそも友達や仕事仲間と一緒にわいわい騒ぐのが楽しいと思われているが、あえて1人でカラオケに行くことを「1人カラオケ」、略して「ヒトカラ」と言うようになったとまず説明しよう。またその理由は、ほかの人と一緒に行く前に1人で練習したい、他人のいないところでストレスを発散させたい、他人の目を気にせずに好きな曲を心行くまで何回も歌いたい、自己流の振り付けとともに自由に歌いたい、音痴なので他人を気にしないで歌いたい、ダイエットの一環として利用したいなど、人によって千差万別とも伝えてみてはいかがだろう。店の方も、2011年に1人カラオケ専門店ができて以来、その数は増えつつあり、またヒトカラ専用ルームを提供する店も増えてきている。

 

【単語・成句】
since〜…〜(だ)から
I(t sure)follows the same pattern.…(言う通り)同じように作られているんだ
a term made up from〜…〜からできた言葉
Wait a sec = Wait a second…えっ、おいおい
(they)certainly(do)…マジで/ほんとに
accommodate…〜向けの/〜にぴったりの
in all honesty…正直言って/正直なところ
so far…今まで
daunting…こわい/気後れする/尻込みする
meaning…つまり〜という意味だけど
try out…やってみる/試してみる
to(one’s)heart’s content…心行くまで/思う存分
without deafening another’s ears…ほかの人の耳が聞こえなくならないように
I’ve been persuaded…〜する気になってきた
First up…まず
go for it!…遠慮なくどうぞ!
 
【会話文で使える表現】
■You might like to〜.…〜するのはどうかな。相手の思惑を忖度して、こういう風にしたらどうだろうか、こういう風にしたいと思っているんじゃないだろうか、とやんわりと提案する時の表現。
例①When you visit Japan, you might like tovisit the shrines and temples to experiencethe spiritual aspect of Japan.…
日本へ行ったら、日本の精神面に触れるために多くの神社や寺を訪れてみてはどうだろうか。
例②If you likespicy food, you might like to try the dishesat that restaurant.…
ピリ辛の食べ物が好みなら、あのレストランの料理を試してみてはどうかな。
例③You’ve mastered several Europeanlanguages, so you might like to try andlearn Asian languages next.…
あなたはいくつものヨーロッパ言語を習得したんだから、今度はアジア言語を学んでみたらどう?

新着記事

新着記事をもっと見る

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る