英語で説明できる!? 「ラジオ体操」

オージーに英語で説明してみよう!

オージーに英語で説明してみよう!

Japanese Culture
 
日本人には常識でも、文化の違うオージーにはイマイチ伝えづらい…。
そんな時にぴったりの表現や話の流れをご紹介。
 
—– Story ——-
「日本の友達が、朝は空き地でラジオ体操してるって言ってたんだけど、これって何?」

 

池田俊一 オーストラリア国立大学アジア・太平洋カレッジ日本センター所長 協力:池田澪奈


 

第15回

What is Rajio Taiso?

ラジオ体操って何?

Aussie: I can work out that it’s some sort of exercise, because “taiso-” means exercise, but what is rajio?

You: Oh, “rajio” is the English word for radio, haha!

A: Radio!? I haven’t heard that term in ages,haha. Let alone in Japan – I’d have thought you guys don’t have radios any more.

Y: Of course we still do. But “rajio taiso-” is actually the name of the warm-up callisthenics broadcasted on national radio (and TV) early in the morning, everyday. It’s been radio-casted since 1928, and is still widely practiced across the entire country.

A: Why was it created?

Y: It’s an interesting story. The “rajio taiso-” actually originated from the United States in 1922, when the Metropolitan Life Insurance Co. sponsored 15 minute radio callisthenics in the major cities of the US. The program never got very popular though, and it faded out within a few years, but not before some visiting Japanese workers brought samples of the exercises back to Japan, and like most other Western ideas to make it big in Japan, it quickly took on a Japanese flavour.

A: That’s quite interesting. Is this exercise for everyone?

Y: It is, as it’s a very simple routine to follow. Because of this, “rajio taiso-” is still used at schools to this day, as a warm-up for physical education classes or during sports day activities. Also, during the summer vacation period, school children are encouraged to take part in neighbourhood gatherings to do these exercises. If they show up, they can get their attendance card stamped, and the aim is to fill the whole card with stamps.

A: Ooh, is there a prize or something if you complete the card?

Y: Often, those who took part everyday got a “Kaikinsho-” award and even those who only occasionally participated got a “sankasho-” award, in the form of pencils, some snacks or book vouchers.

A: That’s cool. I will definitely look it up on YouTube when I get home, and give it a go!

 

説明する時のミソはこれ!

ラジオ体操は85年も前から続いている隠れた「国民の日課」のようなもので、ラジオから流れる伴奏音楽に合わせ、毎朝欠かさず体操をしている人も多い、と教えてあげよう。これは、小学校の朝礼で毎朝必ず行うことや、体育の時間や運動会などで、運動前の準備体操として奨励されていることによるからで、日本の学校に通った経験のある人なら「身体が覚えてしまう」ので、ラジオからおなじみの伴奏音楽が流れて来るのを聞くと、身体が自然に反応してしまうほどだ、と伝えよう。さらに、朝の集まりを日課としている職場でも、仕事を始める前に社内放送で伴奏音楽を流し、「健康維持」の一環として活用しているのがよく見られると言えば、「そう言えば、テレビでそのような映像を見たことがある」という人も多くいるはずだ。

 

【単語・成句】
work out〜…〜ということが分かる
in ages…長いこと
let alone〜…ましてや〜(で)
widely…広く/広い範囲で
originate(d) from…〜〜で生まれた
fade(d) out…消えていく
take on (a Japanese) flavour…(日本的な)ものにしてしまう
are encouraged〜…〜するよう言われる
show up…参加する
 
【会話文で使える表現】
■give (it) a go…今まで試してみたことがないので、とにかくやってみる、試してみる、という気持ちを表す表現。“I’ll try” よりもくだけた言い方で、会話でよく使われる。
例①If you insist that I should try ‘wasabi’, I’ll give it a go next time.…
そんなにまで「わさび」を味わってみろと勧めるなら、次の機会に試してみるよ。
例②I don’t think I will pass that qualifying exam, but I’ll give it a go.…
あの資格試験には受かりそうもないけど、まあ、とにかくやってみるわ。
例③C’mon, give it a go, one more time before giving up!…
ほら、諦める前にもう1度やってみよう!

新着記事

新着記事をもっと見る

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る