「風流」って英語で説明できる?

オージーに英語で説明してみよう!

オージーに英語で説明してみよう!

Japanese Culture
 
日本人には常識でも、文化の違うオージーにはイマイチ伝えづらい…。
そんな時にぴったりの表現や話の流れをご紹介。
 
—— エピソード ——
「この間日本映画を見ていたら『風流だな』という言葉を聞いたんだけど、これってどういう意味?」

 

池田俊一 オーストラリア国立大学アジア・太平洋カレッジ日本センター所長 協力:池田澪奈
 

第22回

風流って英語で何!?

What is Fūryū?

Aussie: I’ve never heard of that expression before.
 

You: That’s fair enough because it isn’t a common one, but people do still use it in certain situations. It’s a phrase which basically expresses one’s appreciation for the traditional elegance and refinement of an art, object or place.
 

A: What do you mean?
 

Y: It’s actually a bit difficult to explain with words… Remember when we talked about “わびさび”(wabisabi)?(第2回掲載)
 

A: Yeah, I remember. It’s the Japanese concept of appreciating the beauty of modest, humble and impermanent things, right?
 

Y: Right. Well, “風流”(fūryū)is in a way an opposite concept of appreciation to wabisabi in that fūryū appreciates overt elegance and beauty, whereas wabisabi appreciates modest elegance and beauty.
For example, “風流だ”(fūryū da)could be said about a boat trip down the river surrounded by colourful autumn leaves, wearing a matching colourful kimono with a refined design. Another example is how people appreciate watching fireflies flying to and fro in the dark, illuminating the scene with a fantastic atmosphere.
 

A: You mentioned it could also be said about an object – what would one be?
 

Y: Mmm, let me think for a second. Oh, I could say “風流だ” about a Japanese wind chime. Their pleasant jingles are a cool refreshment along with the breeze during the humid season, so I would say that it is definitely a pleasant and harmonious object. But it’s not that fūrin itself is fūryū, but it’s the capacity of the mind, trying to appreciate the wind chime sound as a soother against the heat of summer.
 

A: I think I get it…?
 

Y: There’s no one definitive way to use the phrase, so don’t worry if you’re still a bit confused! When you visit Japan, you’ll come across occasions in which you will feel fūryū at the right time and place.
 

A: Thanks, maybe I’ll come to understand more about it eventually!
 

説明する時のポイント

風流という言葉は、もともと「ふりゅう」と呼ばれ、わび・さびと対峙する華美な趣向をよしとする考え方のことを指していたようだが、現在、何かが風流だというのは、その何かに落ち着いた優雅な趣があり、雅やかな様子を表す場合、と説明しておこう。また物だけではなく、何かに相応しい時と場所で、それに即したことを行うことを「風流」とみなすとも説明しよう。例えば、対話でも触れているが、暑い日に冷房を使わず風鈴の音を聞き、団扇を使って涼をとる人を、あの人は風流だ、風流を解する、という風に褒める。秋の夜、さまざまな虫の音に耳を傾け、秋の深まりを感じるのも風流だ。またこのように風流を追い求め、世俗を離れて詩歌や趣味に親しむ人を「風流人」と呼ぶことも教えてあげよう。
 

【単語・成句】
in certain situations…時と場合によっては
opposite concept…反対の考え方
in that〜…〜という点で
overt elegance and beauty…きらびやかな優雅さと美
whereas…一方/反対に
modest elegance and beauty…控えめな雅と美しさ
refined design…上品な/洗練された図柄
to and fro…そこここに
what would one be?…例えばどんな物?
cool refreshment…醸し出される涼感
definitive way…絶対的な定義
come across…出会う/出くわす
at the right time and place…ぴったりの場面に
 

【会話文で使える表現】
■“What do you mean?”…どういうこと?
文字通りは「どういう意味?」という問いかけだが「えっ、今なんてった?/なんつった?」という聞き返しの時にも使える。また「そんなこと、あり得ない!」という気持ちを表す時にも使える。
 
例①“Let’s go to karaoke!” “I’m not going.”“What do you mean?”…「カラオケに行こうよ」「僕は行かないよ」「行かないって、どういうこと?」
 
例②“I turned down Tom’s proposal.” “Tom? That billionnaire, Tom? What do you mean?”…「あたし、トムの求婚を断っちゃったの」「あの億万長者のトムの? あり得ないわ!」
 
例③“I’m afraid to tell you that you’ve got a malignant tumour in your throat.” “What do you mean by that, doctor?”…「お気の毒ですが、喉に悪性腫瘍が見られます」「えっ、どういうことでしょうか、先生?」

 

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る