「きゃりーぱみゅぱみゅ」のこと英語で説明できる?

オージーに英語で説明してみよう!

オージーに英語で説明してみよう!

Japanese Culture
 
日本人には常識でも、文化の違うオージーにはイマイチ伝えづらい…。
そんな時にぴったりの表現や話の流れをご紹介。
 
—— エピソード ——
「この前、きゃりーぱみゅぱみゅのクレイジーな動画を見たけど、彼女って何者!?」

 

池田俊一 オーストラリア国立大学アジア・太平洋カレッジ日本センター所長 協力:池田澪奈
 

第20回

Who is Kyary Pamyu Pamyu?

きゃりーぱみゅぱみゅって誰?

Aussie: When I saw her on YouTube for the first time, I was quite blown away! Who is this girl, and could you tell me more about her?
 

You: Yes, I certainly can, because I am actually a fan of hers haha. Kyary Pamyu Pamyu is a fashion model, celebrity blogger and music artist from Harajuku, Tokyo. She has a unique signature style which makes her stand out from the rest of the pack, and that’s her interesting “kawaii” (cute) look.
 

A: Kawaii? But I thought most pop idols in Japan go for the kawaii look?
 

Y: Ah, but with Kyary, she is a bit different. She takes kawaii to a whole new level, often incorporating elements which would be considered “kimo-kawa”.
 

A: What’s kimo-kawa?
 

Y: Kimo-kawa is the abbreviation & combination of the words “kimochiwarui” (gross, weird) and kawaii.
 

A: Actually, now that you mention it… In the video that I watched, there were people with raspberries as their heads, a group of floating skulls & donuts, and also candy – coloured eyeballs… The combination of sweet and shocking was, well, very kooky!
 

Y: You must’ve watched her debut single video, “Pon Pon Pon” then. Her music videos regularly top 15 million views, but that one was a global viral hit, and it’s gathered over 52 million views now!
 

A: WOW! That’s a lot of views. She must be popular not just in Japan then.
 

Y: Yes, she’s quite popular overseas as well. I think people see her as the personified version of everything cool and odd about Japan, and that’s why she is so popular.
 

A: I’m going to go and listen to her other songs now, and see what other kimo-kawa stuff is in there!
 

説明する時のポイント

「きゃりーぱみゅぱみゅ」は、女性ファッション・モデルや歌手であると同時に、原宿系つけまつげやファッションなどの商品プロデュースの活動を手がけ、さらに公式ブログを開設して、若者、特に若い女性に絶大な人気を博している「レイディー・ガガ」のティーンエイジャー版のようなアイドル、と説明しておこう。ほかにも若い女性に人気のあるアイドルはいくらでもいるが、きゃりーぱみゅぱみゅは、単に可愛さを強調したり、奇をてらった奇抜さを主張したりするのではなく、「きもかわ=気持ち悪いけど可愛い」と言われる、全く既成概念に捕われない自由奔放なファッションを大胆に着こなし、「きゃりー語」とも呼ばれるこれまた自由奔放な歌詞を駆使して、若い女性の心をつかんでいる、と付け加えておこう。ビデオやDVD、YouTubeのアクセス数は日本のみならず、世界中のファンによって膨大な数を記録しており、ある意味で現代日本の「文化大使」とも言える、と紹介してもいいのでは?
 

【単語・成句】
(was)blown away…たまげてしまった
a unique signature style…ひと目ですぐそれと分かる独自のスタイル
stand out from the rest of the pack…同業者の中で抜きん出ている
take(s)〜to a whole new level…〜を全く新しい領域に導く
incorporating〜…〜を取り入れながら
kooky…奇妙/奇抜
top…達する/達成する
a global viral hit…世界中で大ヒット
as the personified version of〜…〜の権化として
everything cool and odd about Japan…日本のクールで変なところ
 

【会話文で使える表現】
■must be〜…〜に違いない
“must be”…相手の言ったことを聞いて「ああ、そういうことだったら、〜に違いない」「だったら、〜でしょう」という気持ちを表す時に使われる 。
 
例① You must be tired after the long overnight flight.…長時間の夜の便で疲れただろう。
 
例② Your mum must be pleased to hear that you’ve gota new job.…君が新しい仕事に就いたと聞いて、お母さんは喜んでいることだろう。
 
例③ It must bedifficult to adjust to a different temperature between Australia and Japan in summer and winter in particular.…特に夏と冬のオーストラリアと日本の気温の違いに身体を慣らすのは難しいに違いない。

 

新着記事

新着記事をもっと見る

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る