「エンガチョ!」って英語で説明できる?

オージーに英語で説明してみよう!

オージーに英語で説明してみよう!

Japanese Culture
 
日本人には常識でも、文化の違うオージーにはイマイチ伝えづらい…。
そんな時にぴったりの表現や話の流れをご紹介。
 
—— エピソード ——
「宮崎監督作『千と千尋の神隠し』で、カマ爺が『エンガチョ!』と叫んでいるけど、あれって何?」

 

池田俊一 オーストラリア国立大学アジア・太平洋カレッジ日本センター所長 協力:池田澪奈
 

第17回

What is ENGACHO!?

エンガチョ!って何?

Aussie: That part of the movie always puzzles me!
 

You: I can imagine it would. I’m sure it would have puzzled Japanese children, too, as this term doesn’t seem to be used as much these days.
 

A: Oh, so it’s an old word?
 

Y: Three words combined into one, actually. ENGACHO is made up of EN(縁)meaning ‘connection, ties, bond or fate’, GA(が)meaning ‘is’ in this case, and CHO(チョ)from the word “chon girareru”, which means ‘to be cut or severed ties with’. Connect the three together, and you get ENGACHO – to cut the connection.
 

A: I’m still confused…
 

Y: Hang on, don’t worry, I wasn’t finished just yet. So if you remember back to the movie scene, the main character, Chihiro, squashes a small black slug with her foot, so Kamajii (old boiler man) says to her “ENGACHO” and then “kitta”, after a few hand gestures. This is what children used to do to send away bad luck, break a spell or wash off grossness.
 

A: Oh, I see! So it’s like a charm.
 

Y: Yes, exactly. The one who touches or steps on something disgusting makes a circle by connecting their two thumbs & two index fingers together, and the person with them then breaks the circle with a light chop of the hand – hence the sound, CHO(CHON)at the end.
 

A: Do you think it’s a coincidence that there’s an EN(縁/tie)and En(円/for circle)?
 

Y: Oh, wow, I didn’t even notice! Not that I know of, so maybe, who knows? I’ll have to look that one up, and get back to you later.
 

A: Can you promise me with the ENGACHO ritual, instead of a pinky promise?
 

Y: Haha, you just want to try it out right now, don’t you!
 

A: Haha, yep of course!
 

説明する時のポイント

エンガチョ(よくカタカナで書かれる)という言葉は子どもの口遊びの1つ。昔は東京を中心とした関東地方でよく聞かれたが、全国どこでも通じるわけではなく、最近は聞いたことも使ったこともない、という子どもも増えている。何か汚いものに触ったり、悪いことが起こるのを防ぐ時に、おまじないのように使われ、会話にもあるように、エンは縁(関係、絆、宿縁、偶然といった意味をすべて含む)を表し、チョは擬音語のチョンが省略されたものと言われ、「縁をチョン切る」という表現を短くしたものと伝えよう。「ちょん」には、たやすく物を切る様子という意味のほかに、芝居の終わりに「チョン」と鳴らす拍子木の音から、物事の終わりという意味もある。これで汚い物、嫌な物との関係は終わりにするという気持ちで、口で「エンガチョ、エンガチョ」と囃はやし立てながら主に指先で印を結んで、それを他人に切ってもらい、おぞましい物が身体に憑つ かないようにする。いわば一種の民俗風習だと説明しておこう。
 

【単語・成句】
(something)puzzles me…(その部分が)謎なんだ
hang on…ちょっと待って
I wasn’t finished just yet.…まだ終わっていないんだから
send away…追いやる/追い払う
break a spell…まじない/呪文を解き放つ
wash off grossness…汚い物を洗い清める
charm…お守り/まじない/呪文
thumb…親指
index finger…人差し指
hence…それで/だから
coincidence…偶然の一致
I didn’t even notice!…気が付きもしなかった
get back to〜…知らせる/教える
pinky promise…指切りげんまん
try〜out…試す
 

【会話文で使える表現】
“Who knows?”… 実際、どうなんだろう。
文字通り「誰が知っているのだろうか」という意味から「誰も知らないだろう」という意味で、よく反語的に使われる。会話では「実際のところどうなんだろうね」「誰にも分からんよ」という気持ちを表す時に使われる。
 
例① Who knows which party will win the next election?…次の選挙で、どの政党が勝ちを収めるか、誰にも分からないね。
 
例② Who knows there maybe a connection between those two?…あの2人の関係は何となく怪しいね。
 
例③ Who know show the advance in technology will affect the world in 50 years’ time?…技術の進歩が50年後の世界に及ぼす影響は、誰にも予測できない。

 

新着記事

新着記事をもっと見る

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る