飲みニケーションって英語で何?

オージーに英語で説明してみよう!

オージーに英語で説明してみよう!

Japanese Culture

日本人には常識でも、文化の違うオージーにはイマイチ伝えづらい…。
そんな時にぴったりの表現や話の流れをご紹介。

 
—— エピソード ——
「上司が『飲みニケーション』と言っていたけれど、これって何?」

池田俊一 オーストラリア国立大学アジア・太平洋カレッジ日本センター・センター長
協力:池田澪奈

 

第36回

What is Nomi-nication?

飲みニケーションって何?

 

Aussie: It sounds very close to an English word.
 

You: It does, doesn’t it? That’s because 飲みニケーション is a newly coined word which brings together 飲み (‘nomi’ – drinking) and コミュニケーション (communication). It refers to the common practice of going out for drinks after work with your boss and co-workers to ‘communicate’ more.
 

A: Wait, what? That’s a common practice in Japan?
 

Y: It’s definitely more of a social norm than over here in Australia. In fact, it’s not really considered an option but more an obligation.
 

A: That doesn’t sound fun at all…
 

Y: Well, it’s not like there are penalties for not attending. But I guess it could get a bit awkward if everyone else attends, but you don’t, and you miss out on everything which happens at the gathering. Plus it’s sometimes hard to talk to people at work because you’re essentially at work, so you have tasks to do on the job.
 

A: True, but what if you can’t drink much? Or you don’t want to be social with your workplace staff?
 

Y: See, twenty odd years ago, those types of excuses wouldn’t cut it. It would’ve been considered anti-social. But certainly in recent times, the obligatory nature of these gatherings has toned down a bit, as it’s increasingly being considered as power harassment, especially when superiors insist you attend and / or talk about your performance in front of other people there.
 

A: Wow. So not only do Japanese workers work long hours, but they then have to go and take part in 飲みニケーション. I wonder how it came to be such a big part of Japanese workplace culture.
 

Y: I can only assume that it’s because the Japanese have always valued harmony, and so workplaces have always strived to get along with their employees and to try to develop a warm relationship with everyone.
 

説明する時のポイント

 「飲みニケーション」という言葉は、対話にもあるように、「飲む/飲みます」という動詞の語幹「飲み」と「コミュニケーション」という言葉を組み合わせた造語で、「酒を飲みながらコミュニケーションを図る」という意味だと教えてあげよう。この場合「酒」というのは、単に日本酒のことを指すのではなく、アルコール類なら何でも、という意味であることは言うまでもない。これは、職場で一緒に仕事をしている人たちが、お互いに距離を置いていたり、打ち解けることが出来ていなかったりした場合、一緒に居酒屋や飲み屋のような場に出かけて、酒を飲むことによってお互いの垣根を取り払い、親しさを増すようになることを目指している、と説明してあげよう。しかし、そのような場で部下に説教したり、行きたくない人まで半ば強制的に参加させる「パワハラ」上司もいる、と付け加えておこう。
 

【単語・成句】
coined word 造語 
common practice 慣例/慣習 
going out for drinks (酒を)飲みに行く 
social norm 社会規範
option 選択肢
obligation 義理
penalties 罰則
awkward 困った/間の悪い/厄介な
miss out 好機を逸する
be social with ~ 〜と付き合う
not cut it 通用しない
anti-social 付き合いが悪い
tone down 和らぐ/弱まる
power harassment パワハラ 
strive to get along with~ 〜と仲良くしようとする
 

【会話文で使える表現】
■“what if~” この表現は“what would happen if ~” の略で、「もし〜だったらどうなるの?」という問いかけで、「こういった場合はどうなのだろう」という素朴な疑問を投げかける時に、会話でよく使われる。

 

例① “I think we have prepared everything, but what if it rains tomorrow?” 「これで準備万端だが、もし明日雨が降ったらどうなるんだい?」

 

例② “I see you can’t come this way on Saturday, but what if I came to your place instead?” 「今度の土曜日、こっちに来られないのは分かった。でも、代わりにこっちからそっちへ行くという案はどう?」

 

例③ “I wouldn’t eat it if I were you. What if you got food poisoning?”「私だったら食べない。もし食中毒になったらどうするの?」

新着記事

新着記事をもっと見る

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る