自分なりのオーストラリア留学を実現するために

留学で夢を実現しよう!

留学特集2019

留学で夢を実現しよう!留学特集2019

オーストラリアは教育水準の高さと生活環境の良さから、留学を考える親や学生に高い人気を誇る。ここでは、そんなオーストラリアでの留学を決めた時に、どう情報収集をしてどんな学校を選べばいいのかなど、アドバイスを紹介する。自分が思い描くオーストラリア留学を実現するための参考にして欲しい。記事協力=斎木航さん(ゴールドコースト留学ドットコム)

自分なりのオーストラリア留学を実現するために!

まずは留学の目的を明確に

まずは具体的に「この留学を将来どのように生かしていきたいのか?」を考えてみよう。この目的が明確になっていれば、スムーズに留学プランを立てていくことができ、将来的にも有益な留学にすることができる。

ただ中には「留学後のプランを具体的にはまだ考えられない」という人もいるだろう。その場合は、どのくらいのレベルまで英語力を伸ばしたいか目標を立てよう。そうすれば、目標に合った学校選び、コース選びが可能になる。

情報収集の仕方

学校の情報収集はインターネットが中心になっている。細かい情報は全てウェブサイト上に掲載している大学や専門学校が多い。ネット上の口コミも貴重な情報源だが、正確でない場合もあるので各学校のホームページを確認するのがベスト。実際に学校を訪問してみるのも良い。学校見学は各エージェントが予約をしてくれる。

学校選びのポイント

語学学校の場合は、「重視するポイント」を幾つかピック・アップしてみよう。例えば、学校の規模、カリキュラムやコースの種類、日本人比率、立地、学費などだ。ピック・アップした条件に優先順位を付ければ、自然と候補は絞られてくるだろう。

専門学校や大学の場合は、「興味のある分野」を絞ることが第一になる。特殊な専門分野であればその段階で候補となる学校は決まってくる。逆にオーストラリア全土で開講しているコースの場合は、希望都市で絞る必要がある。後は予算や英語条件なども踏まえて決定しよう。

学校選びに成功している人は「自分の意見をしっかり持っている方」が多い。つまり、留学の目的がきちんと整理されている人だ。一方、失敗している人は、準備期間がとても少ないケースが多い。そして留学の目的が定まっていないため、学校選びに迷ってしまい、更に時間が掛かる場合が多い。ネットの口コミなど、周りの意見に左右される人も要注意だ。

専門学校&大学人気トップ3

オーストラリアで学ぶ学生たちに人気のコースは以下の通り。

■専門学校

  1. ビジネス:ビジネスの基礎を広く浅く学ぶコース。経理・財務、マーケティングや人材管理、経済学や経営学の基礎についても学ぶ。基本的なIT活用術やプレゼンテーションの方法などにも触れる。大学編入へのパスウェイとしても有効。
  2. トラベル&ツーリズム:オーストラリアの観光学は世界的にも有名。特に観光業が盛んなクイーンズランド州では高いレベルの教育を受けることが可能。観光業界のビジネス全般を扱うので、経験者の更なるキャリア・アップにも最適。
  3. ナーシング(看護):オーストラリアは、医療福祉の先進国の1つ。TAFEやカレッジのDiplomaを取得して、英語条件をクリアすれば、オーストラリアの看護協会に「准看護士」(Enrolled Nurse)として登録することが可能。また、Diploma以上の学位を取得することによって、大学の看護学部1年次を免除、2年次より編入することもできる。

■大学

  1. ホスピタリティー:オーストラリアのホスピタリティーは世界的にもレベルが高い。特にグリフィス大学のホスピタリティーは最新の世界大学ランキングで9位と評価が高い。日本でも需要が高まるホテル業界やホスピタリティーのプロフェッショナルを目指せる。
  2. インターナショナル・ビジネス:移民の国であるオーストラリアは、国際ビジネスに関しても進んでいる。海外と関わる仕事をしたい方にお薦め。
  3. IT:オーストラリアではTAFEや大学などで学んだ人がIT職に就く。オーストラリアはもちろん、英語ができるITパーソンは日本でも重宝される。

留学エージェントを利用してみよう

留学エージェントと納得いくまで相談することで、自分の目的に合ったベストなプランを決めることができる。また、出願の手続きも正確に行ってくれるので、余計なトラブルを未然に防ぐことができる。オーストラリアの現地エージェントでは、ほとんどの場合、無料で手配を代行してくれ、エージェントを通すことで出願料が無料となるケースもある。ぜひ賢くエージェントを利用してみよう。


新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る