【PR】親切、熱心な留学エージェント ハックルベリーが充実した留学生活をお手伝い

親切、熱心な留学エージェント
ハックルベリーが充実した留学生活をお手伝い

2004年に「留学をもっと身近なものにしたい」という思いから、ブリスベンに開業した「ハックルベリー・オーストラリア(Huckleberry Australia)」。「とことん突き詰める留学」をテーマに、短期から長期間にわたる語学学校、専門学校、大学進学へのコーディネート業務を行ってきた。日本の学校からの信頼も厚く、教育研修旅行の手配も行っており、最近では特に日本の中学生、高校生向けにオーストラリア留学・進学についてのコーディネートに力を入れている。“手配するだけ”ではなく目標が達成できるコーディネートを目指す同社のサービスを紹介する。

徹底したカウンセリングで「突き詰める留学」を

ハックルベリーではカウンセリングを特に重要視しており、無料で留学の相談をすることができる。短期留学や語学留学、高校・大学・専門学校の留学など、どのような留学の場合でも後で「期待していたことと違った」という誤解が生まれないよう、留学にどのような期待や目的を持っているか聞き、その上でメリットや注意点などを教えてくれる他、勉強の興味や性格、住みたい場所なども考慮した上で、最適な学校選びのアドバイスをしてくれる。特に高校留学の場合は、留学する中・高校生とその家族ともカウンセリングを行い、学校を共に考えてくれる。入学するために必要な英語力や日本の学校での成績など、高校ごとに異なる審査基準を教えてくれるのでオーストラリアの高校受験について詳しく知らなくても安心だ。なお、一概にどのレベルがあれば大丈夫ということはないが、同社では以下のクイーンズランド州の基準を元に高校留学のコーディネートを進めている。高校の審査基準や高校留学に興味をある人は、まずは同社に相談してみよう。

◆クイーンズランドの公立高校の場合英語力

イヤー10(日本の高校1年)→IELTSスコア5.0(または英検準2級)
イヤー11(日本の高校2年)→IELTSスコア5.5(または英検2級)

※上記の英語力に達しない場合は、HSP(準備コース)にて所定の成績を収めることで、高校への入学が許可される(日本人の生徒は平均1~3タームの受講が必要)。

日本の学校での成績

過去2年間の成績表(1年の場合もある)を英文で提出しなければならない。主にチェックされるのは各教科の成績のスコアの平均値と出席率。成績の平均が5段階評価で3以上あればまず問題ないとされる。

クイーンズランドの高校をお薦めする理由

同社では特にクイーンズランドの学校をお薦めしている。その理由の1つが十分な英語力が身に着くという点だ。他の州や国では英語力がなくても高校に通うことができる場所もあるが、クイーンズランドでは入学時に十分な英語力がないと入学が認められないため、留学後には英語をものにできている人が多い。ちなみに、入学時の英語力の判断には英検を利用することができる。また、英語力が足りていない人でも、HSP(準備コース)で必要な英語力になるまで勉強し、それから高校に通うことができるので安心だ。その他にも同社が考える高校留学のメリットを以下に紹介する。

  1. 国際色豊かな環境で学べる

    多くの学校がインターナショナルの生徒を受け入れており、多文化環境での教育を方針とするオーストラリアは、真の国際人として成長するには最適な環境だ。

  2. 個性を伸ばす豊富な選択科目

    オーストラリアの教育は、生徒の可能性や興味に重点を置いている。そのため、教育科目の中には国語や数学のほかに、ダンス、演劇、会計などもあり、視野が広がると共に夢を実現する第一歩を早く踏み出せる。

  3. 自分の意見を述べる力が身につく

    オーストラリアの高校では、授業中にディスカッションをしたり、プレゼンテーションを行う。また、課題では自分の意見やその理由を記述する課題もあり、主体性と自分の意見を述べる力が育まれる。

  4. 豪州の大学に直接入学が可能

    日本の高校を卒業してからオーストラリアの大学に進学する場合は、ファウンデーション・コースで学習してから入学になるが、オーストラリアの高校を卒業した場合は直接入学ができ、時間も費用も抑えることが可能。

安心の徹底サポート

同社では留学中の高校生をサポートするため、スタッフが学校担当者やホームステイ先からヒアリングを行った上で、月に1回、本人と日本語で面談し、レポートを生徒の家族に送るサービスを行っている。同社のスタッフは全員が留学またはワーキング・ホリデーの経験者のため、自身の経験を踏まえた寄り添ったサポートが可能で、利用者たちがより学びやすい環境を作ると共に、家族にとっても安心な留学になるように取り組んでいる。また、来店可能な店舗型のオフィスをブリスベン中心街に構えているので、気軽に立ち寄ることができて利用者を1人で悩ませることがない。高校生以外の利用者にもサポート・サービスがあり、加入すると利用予定のバス停や駅から学校までをスタッフと実際に歩いて練習できるなど、登校初日の不安を解消するさまざまサポートを提供している。

「日豪プレスを見た!」でサービス実施中

高校見学をご希望の方にサービス。必ず初回ご相談時に「日豪プレスを見た」と伝えてください。

高校留学体験者の声

Ryutoさん(現役高校生)


◆留学したきっかけ

僕は日本の高校に通っていましたが、語学研修でブリスベンの高校に行った際に、年下の生徒がチェスの駒を3Dプリンターで作っていて衝撃を受けました。もともとITの分野で活躍したい思っていたので、このまま日本で勉強しているのが不安になりました。そこで語学研修のアテンドをしていたハックルベリーの関川さんに相談したのがきっかけです。

◆通っている高校について

僕の通っている現地高校には、自分でゲームを作ったりソフトウェアを作る生徒がたくさんいます。高校生という枠を飛び越えて、好きなことをとことんやっています。授業でも覚えて問題を解くのではなく、公式の仕組みを理解していないと答えられない問題がテストに出ます。プログラミングの授業でも、基礎を教えてもらい、実際にみんなで何ができるかを考えて実践してみます。出されたものをこなす日本とは違い、1人ひとりがやりたいことをやって、意見を交換したり教え合ったりして学習するのが良いところだと思います。オーストラリアでは出る杭は打たれません。皆、出ていると思います(笑)。

◆留学して良かったこと

オーストラリアは世界中から人が集まっているので、いろんな国の文化や価値観が学べることです。日本の常識にこだわらず、いろんな視点から物事を見ることができるようになったと思います。

◆ハックルベリーのサポート

月に1回、スタッフさんと日本語でお話できるのは安心できましたし、憩いの場にもなりました。1年半留学していて英語が分かるとはいえ、理解できない時もあるため、日本語が話せる環境はとてもありがたいです。学校の勉強のことや手続きなどは、スタッフさんが日本語でアドバイスを下さったり資料を作ってくださるので安心でした。僕も、両親も感謝しています。

◆留学を迷っている方へ

留学したいと少しでも思うなら、留学した方が良いと思います。留学をすること自体に意味はあると思いますが、留学を成功させるためには、目的をしっかり持って来ることが大事だと思います。芯があると、留学が大変だと感じる時でも、乗り越えられます。

Huckleberry Australia
■住所:Level 1, 243 Edward St., Brisbane QLD
■Tel: (07)3221-0177
■Fax: (07)3221-0377
■Web: huckle-berry.com.au


新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る