急がないで、心を込めて

福島先生の教育指導

Teacher’s Advice
福島先生の教育指導

急がないで、心を込めて

子どもに「何をぐずぐずしているの、早くしなさい!」と叱るのは簡単ですが、ぐっとこらえて、親が子どもをせきたてずに見守ると、子どもはゆったりと行動することができ、丁寧に仕事をすることを学び、根気よくやり遂げる力を着けていきます。そして、この「丁寧に仕事をする」ということができるかどうかは、その人の一生に深く影響していきます。もちろん、叱られて育ったという人も、大人になってしまえば、後は自分の責任です。

手にした仕事を好きでしている場合もありますが、何かほかの目的のため、例えば生活のために仕事をしていることもあり、そのような時は嫌々仕方なくこなしていることもあるでしょう。しかし、それではその仕事に費やしている時間も心も台なしです。仕事の目的に執着すると、失望、不満、闘争、苦悩などが生じてきて、精神的ストレスで辛くなるばかりです。何かの目的のためであっても、その瞬間は目の前の仕事をまっとうするために仕事をしましょう。誠心誠意、心を込めて仕事をすることで、毎日の生活はその一瞬一瞬の仕事への集中と、面白さ、充実感で輝いてきます。同じような仕事の繰り返しの毎日も、昨日とは違う新しい自分で、心を込めて丁寧にすることです。

暮らす環境によってずいぶんと違うでしょうが、少なくとも日本人の多くは、結果を追い求め、先を急ぎ過ぎているように実感します。急ぐと、雑に生きることになりますし、そんなに急いでも人生が良くなるものでもありません。今この一瞬、目の前の仕事ほど、確実なものはありません。今という確かなものを大切にすることが、夢や希望にもつながっていくのです。

今を生きている私たちが未来に向かって何を考えているかということによって、地球の未来が変わってくることは確かです。しかしながら、次の瞬間に何が起こるか私たちには分かりません。明日のことも知りません。今を見ずして5年先、10年先のことまで考えて、緻密に計画を立てていても、そのようにはいかないことの方が多いものです。周りの環境もどうなるか分かりませんし、何より自分自身が今と全く同じ状態ではありません。今の自分にとって考えるしか術のない未来は、空想の域を出ないのです。

目の前の仕事、たった今顔を合わせている人、空の色、風の匂い。今この一瞬に感じられるすべてのものの1つ1つを大切にして、行動を決めていく。約束を守る。やり遂げる。急いでいたら時間とともにただ流されてしまいます。純粋な気持ちで、丁寧に、心を込める。そのささやかな積み重ねが豊かな年月となって、人生を彩り、人間性を浄化していくのです。


教育専門家:福島 摂子
大阪府出身。27年間、教育に携わり、教育カウンセリング・海外帰国子女指導を主に手がける。1992年に来豪。シドニーに私塾『福島塾』を開き、社会に奉仕する創造的な人間を育てることを使命として、幼児から大学生までの指導を行う。2005年10月より拠点を日本へ移し、日々活動の幅を広げていく一方で、オーストラリア在住者に対する情報提供やカウンセリング指導も継続中である。

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る