岩戸あつしさん

あの人の本棚

 

あの人の本棚

本紙連載の筆者をはじめ、在豪の気になるあの有名人が愛読書を公開。各本の読みどころをじっくり紹介してくれるというこのコーナー。本棚をのぞけば、その人の意外なパーソナリティーが見えてくる。

 

今回のゲスト

岩戸あつしさん

自宅に7つある書棚には、それまでに読んだ本が1冊残らず詰まっているそう。少年時代からの本がすべてあり、それらの本は、手に取るたびに当時の自分が何を考え、思い悩んでいたかを思い出させてくれる「記憶の鍵」と言う。小説やブログを書くのが好きで、その参考になるような本を選びがちだとか。

あの人の本棚

ドリトル先生シリーズ

ヒュー・ロフティング(著)/石井桃子・井伏鱒二(訳)/岩波少年文庫/ISBN-13: 978-4001140217

ポイント: いろんな動物と話ができたら、この世界が素晴らしい世界になるという話

こんな人にお薦め: 小学、中学、高校生

ここがお薦め!

子どものころ、捨て猫を拾って帰ってよく親に叱られました。都会の片隅で、無責任な飼い主に捨てられ、誰も助ける者もなく力尽きて冷たくなって死んでいく子猫たちに何か救いがないのかと思い悩んでいた、小学生の時に出会った本です。子どものころの多感な時期に大きな心の支えとなりました。皆さんのお子さんにもぜひ読ませてください。


あの人の本棚

西遊妖猿伝(漫画)

諸星大二郎(作画)/ 講談社(2009/6/23)/ ISBN-13: 978-4063728088

ポイント: もし孫悟空など登場人物が、妖怪でなく唐の時代の人間だったら ?

こんな人にお薦め: 西遊記が好きな人

ここがお薦め!

この西遊記にも妖怪変化が登場し、わくわくする冒険活劇が多分にありますが、それだけで終わっていないところがこの本の魅力。例えば今まで「ありがたいお経」としか描かれていなかった瑜伽師地論(ゆかしじろん)の中身にまで言及しています。悟空の大暴れや妖怪変化の幻術を描きながら、西天取経の真の目的を描こうと試みる作者の深い仏教観が窺える秀作です。


あの人の本棚

竜馬がゆく

司馬遼太郎(著)/ 文藝春秋(2010/7/15)/ SIN: B003U2S5RU

ポイント: 現在日本人が抱える諸問題の解答がそこに

こんな人にお薦め: 人生に行き詰っている人

ここがお薦め!

司馬遼太郎さんが描いた坂本龍馬は過去の人ではありません。大きな仕事をする人とはどんな人か、困難な中でも太陽のように明るく、周りの人たちに愛されるのはどういう人か、そして最近「武士道」という言葉が独り歩きしている中で、司馬遼太郎さんが語る真の武士道とは ? 何度読み返しても心が洗われます。


あの人の本棚

大地の子

山崎豊子(著)/ 文藝春秋(1991/01)/ ISBN-13: 978-4163122700

ポイント: 中国で戦争孤児になった日本人、陸一心の目を通して描く戦後の日本と中国の歴史

こんな人にお薦め: 最近の中国に対してあまり良くない印象を持っている人

ここがお薦め!

当時の中国民主化の旗頭・胡耀邦(こようほう)主席の全面協力によって、中国側の取材が徹底してできたという今思えば奇跡のような歴史小説。中国は戦後、文化大革命を経てどのように変化してきたのか、日中国交正常化を受けて日本は中国に対してどのように接してきたのか。現在の日中関係を考える上でもとても参考になる歴史物語です。ぜひ一読されたし。


あの人の本棚

ミリンダ王の問い

中村元/早島鏡正(著)/ 平凡社(1963/11)/ ISBN-13: 978-4582800074

ポイント: ギリシャ哲学とインド哲学の東西ディベート対決を描いた古典

こんな人にお薦め: 自分は死んだらどうなるのだろうと思ったことのある人

ここがお薦め!

子どものころの自分と大人になった自分は、同じ自分だと思っているが、本当にそうなのか ?自分は自分であると主張するギリシャの王と、自分というものに実体はないと語るインドのバラモン。人には魂があるの ? 死んだらいったいどうなるの ? 私はいったいどこから来てどこにいくんだろう ? そんなことを思い悩んで眠れぬ夜を過ごしたことのある人にぜひ読んでほしい作品です。


PROFILE いわとあつし

◎大学院卒業後、貿易会社を経て、コンピュータ・エンジニアに。「日経CG」などへの執筆、PCショーの講師を務める。1992年に来豪。94年にシドニーにジャパン・コンピュータ・ネットを設立し、以来、シドニー在住の日本人、日本企業にコンピュータ・サービスを提供する。当紙で「岩戸あつしのパソコン・トラブル・シューティング」を連載中。

 

新着記事

新着記事をもっと見る

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る