QLD州のシニア世代のためのペット支援/ワンダフル・ライフ in AUS

ワンダフル・ライフ in AUS
QLD州のシニア世代のためのペット支援

 シニア世代にとって、ペットは生活の質を向上させる掛け替えのない相棒だ。そしてQLD州の「ゴールデン・ハーツ(Golden Hearts Pet Support Program)」は、シニア世代とペットとの生活を支援する団体。AWLQという動物保護団体によって創設された組織で、65歳以上のペット・オーナーが対象。会員登録は無料で、メンバーになるとさまざまなサービスを受けることができる。

 例えば、メンバーの入院によりペットの世話をする人が必要になった時には「S.T.E.P.S.」と呼ばれる緊急サービスを利用することができる。最初の3日間は無料、その後は短期に限り少額でペットを預かってくれるというものだ。

 健康の悪化など何らかの事情でペットの世話を諦めなくてはならなくなった人や、老人ホームに入らなくなってしまった人には、「トランジッションズ(Transitions)」というプログラムも用意されている。ペットは無料でAWLQによって保護され、個々のペットのニーズを考慮した上で次の飼い主を探してくれる。もちろん、安楽死は絶対にさせないと保証している。

 飼い主がペットよりも先に亡くなってしまうケースには、同じようにペットの保護と次の飼い主探しを請け負ってくれる「レガシー・ペッツ(Legacy Pets)」というサービスもある。ただしこちらはオプションとなり、飼い主の意思で事前登録しておく必要がある。メンバーであっても、本人の生前の意思なしには利用できないようになっているからだ。

 メンバー登録には、オンライン・フォームを利用するか、電話またはEメールでフォームを取り寄せて記入し、郵送か最寄りの事務局に持ち込む。フォームには飼い主の万が一に備えて、ペットの健康状態や性格などを細かく書き込む欄が用意されている。

このコラムの著者

ランス陽子

ランス陽子

フォトグラファー/ライター、博士(美術)。オーストラリアで古くから牧羊犬として愛されているボーダー・コリーのスパーキーとゴールドコーストで暮らす。現在はグリフィス大学で日本語のゴールドコースト方言とオーストラリア方言を研究中。
Web: http://www.yokolance.com.au

 Happy Rich Harding legal 幌北学園 Japanaroo  kidsphoto
日豪プレス 配布場所   日豪プレス 新刊発行    Oishii Japanese Restaurant Guide Covid-19 最新情報

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL


新着イベント情報

新着イベントをもっと見る