「バイロン・ベイ・ チョッピング・ボード(Byron Bay Chopping Boards)」オーストラリアン・ボード

優れた日用品からため息の出るようなとっておきのぜいたく品まで、スタッフの気になるアイテムを独自の目線でピック・アップしてお届け。日本とオーストラリアを中心に、時にはその他、世界各国のブランドから、ざっくばらんに紹介する。本当に良い物を愛用して、日々の暮らしを今よりもっと、心豊かに。大人の毎日を完成させよう。(文=石井ゆり子)

今月の気になる一品

Australian Board($64.95)
Australian Board($64.95)

チョッピング・ボードは、料理をする際に欠かせないキッチン・アイテムの1つだ。近年、木製やプラスチック製、ゴム製など素材の種類は多岐にわたり、さまざまなデザインやサイズの物が展開され、抗菌加工や食洗器対応など機能性に優れた物が数多く販売されている。選択肢が豊富なため、最適な物を厳選するのに迷ってしまう人も多いのではないだろうか。そこで今回紹介するのが、バイロン・ベイで製造されている「バイロン・ベイ・チョッピング・ボード(Byron Bay Chopping Boards)」のオーストラリアン・ボードだ。

同ブランドは2010年、シドニーでシェフとして活躍するサイモン・ハートによって設立された。彼は、バイロン・ベイの内陸部を旅行中、強力な抗菌性があるクスノキ科の月桂樹(ローリエ)がチョッピング・ボードとして使用されているの見て、その木材の特性に注目したという。自身はもちろん、他のシェフや友人のためにチョッピング・ボードの製造を開始。その関心は情熱へと変化し、オーストラリアのトップ・レストランをはじめ、NSW州の小売店やファーマーズ・マーケットなどで販売するようになった。

同ブランドのアイテムには、バイロン・ベイ奥地からサステナブルな方法で調達された100パーセント環境に優しい木材が使用されている。穀物品質として選別された木片を使って、丈夫で長持ちするプロ仕様のキッチン用品を製造。美しい色合いと木目を備えた中密度の硬木である月桂樹を使用し、職人が1つひとつハンドメイドしている。そのため、同じ型の物でも木目や色合いが異なり、全てがオリジナルな点もポイントだ。

オーストラリア大陸の形にカットされた同アイテムは、キッチンに彩りを添える遊び心あふれるユニークなデザインが特徴。縦35センチ、横30センチ、厚さ2.5センチと大きめのサイズで、重さは1.2キロとなっている。チョッピング・ボードとしてはもちろん、チーズやバケット、フィンガー・フードなどを載せるプレートとして使用するのもお勧めだ。食卓の雰囲気をお洒落に演出するため、普段使いはもちろん、ホーム・パーティーなどでも活躍すること間違いない。オーストラリアのお土産としても喜ばれるだろう。

同アイテムの他にも、チョッピング・ボードまたはプレゼンテーション・プラッターとして使えるクラシック・ボードには、シンプルな長方形やハート型なども用意され、サイズ違いもある。希望すれば、オプションで刻字も行ってくれるため、結婚式やパーティーの記念品、誕生日の贈り物としても最適だ。ピザ・ボードやボウル・プレート、チーズ・ナイフなども取りそろえられ、天然樟脳と食品グレード・ミネラル・オイルを含むボード・ケア・オイルも販売。木製の調理器具に付いたバクテリアを取り除き消毒し、品質を維持する万能アイテムも手に入れることができる。

同ブランドのアイテムは、オンラインはもちろんボンダイ・ビーチやキングス・クロス、マリックビルなどシドニー各地や、ウーロンゴンなどで開催されているファーマーズ・マーケットでも購入が可能だ。今回は、同商品を1名様にプレゼント。詳しい応募方法は「【1月お得情報】『ムーンライト・シネマ』チケットプレゼント!他」を参照。

 幌北学園 blancpa Travellers Medical Service novel-coronavirus nichigowine 

新着記事

新着記事をもっと見る

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る