「マーチソン・ヒューム (Murchison Hume)」の「Heirloom Dishwashing Liquid」

W202011_editor_thumb

今月の気になる一品
優れた日用品からため息の出るような贅沢品まで、
スタッフの気になるアイテムを独自の目線でピック・アップしてお届け。
日本とオーストラリアを中心に、世界各国のブランドから紹介する。
本当に良い物を愛用して、日々の暮らしをもっと心豊かに。
大人の毎日を完成させよう。(文 石井ゆり子)

Heirloom Dishwashing Liquid (946ml ポンプ・ボトル $25 / 500ml プル・キャップ $15)

Heirloom Dishwashing Liquid (946ml ポンプ・ボトル $25 / 500ml プル・キャップ $15)

 毎日の家事に欠かせないアイテムの1つである食器用洗剤は、弱酸性・中性・アルカリ性など、液性によって洗浄力が異なり、配合されている成分もさまざまだ。使い勝手はもちろん、肌に優しいものを選びたいという人が多いだろう。そこで今回紹介するのが、オーストラリア発のライフスタイル・ブランド「マーチソン・ヒューム (Murchison Hume)」の食器用洗剤「Heirloom Dishwashing Liquid」だ。

 同ブランドは、2008年、ロサンゼルス出身のマックス・ケイターによってシドニーで設立された。彼女の息子が、一般的に市販されている家庭用洗剤でアレルギーを発症したことをきっかけに、ハウス・クリーニング・プロダクトの開発を開始したという。安全かつ効果的で、家族が安心して使用できることに加え、使う喜びが感じられる製品を作りたいという思いから誕生した。製造・販売している全ての商品に、実用性・責任・信頼性・スタイルの4つのコア・バリューを反映。また、「1%forthePlanet」のメンバーとして、コラボレーション販売の売上げの1%を寄付し、大気質の改善など、環境への取り組みを支援しているという。

 同商品は、100%植物由来で、手肌に優しいだけでなく、爽やかでナチュラルな香りが魅力だ。ホワイト・グレープフルーツとオリジナル・フィグのアロマが用意され、香水の調香方法を導入し、国際的な安全基準を定めたIFRA認証の原料でブレンドされている。成分の安全性へのこだわりはもちろん、シンプルで洗練されたパッケージ・デザインも人気の秘密だろう。生活感が出てしまうため、つい隠したくなる洗剤や掃除道具がスタイリッシュなボトルであれば、棚の奥にしまい込まず、手軽に掃除ができて、日常が心地良くなるはず。

 詰め替え用や、食器用洗剤の他にも、バスルーム・クリーナーやランドリー・ソープ、ガーメント・グルームなど、さまざまな家庭用クリーニング製品が販売されている。上質な成分ながら、手頃な価格という点がうれしい。体と環境に配慮して、おしゃれなライフスタイルを実現したい人にぴったりだ。

ブランド情報

Web: www.murchison-hume.com.au

 Happy Rich Harding legal 幌北学園 Japanaroo  kidsphoto
日豪プレス 配布場所   日豪プレス 新刊発行    Oishii Japanese Restaurant Guide Covid-19 最新情報

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL


新着イベント情報

新着イベントをもっと見る