日本発ブランドのスニーカー「スピングル・ムーヴ(Spingle Move)」

W202011_editor_thumb

今月の気になる一品
優れた日用品からため息の出るような贅沢品まで、
スタッフの気になるアイテムを独自の目線でピック・アップしてお届け。
日本とオーストラリアを中心に、世界各国のブランドから紹介する。
本当に良い物を愛用して、日々の暮らしをもっと心豊かに。
大人の毎日を完成させよう。(文 石井ゆり子)

Spingle Move SPM-442 Black / Red ¥23,100

Spingle Move SPM-442 Black / Red ¥23,100

 「靴は履いている人の人格を表す」など、ヨーロッパには、靴にまつわる言い伝えやことわざがたくさんある。「良い靴は、履き主を良い場所へ連れて行ってくれる」という言葉を耳にすることも。上質で履き心地が良く、目にする度に幸せな気分になれるすてきな靴は、何でもない日常を特別なものにしてくれるだろう。今回は、日本発のブランド「スピングル・ムーヴ(Spingle Move)」のスニーカーを紹介する。

 同ブランドは2002年、広島県府中市で誕生した。国産ブランドならではの品質とこだわりを強みに、主にレザー・スニーカーの生産・企画・販売を行っている。「流行に左右されず、日本産にこだわり、個性的なデザインで時代のニーズに対応して勝負できないか」という理念の元、日本人の足型を研究し、究極の履き心地を追求。職人の手により一足ずつ丁寧に作られている。その技術力や品質の高さが注目され、04年、パリ・コレクション及びミラノ・コレクションで取り上げられた実績を持つ。

 同商品は、ソールが反り上がり、アッパーを巻き込んでいるユニークなデザインが特徴だ。底とアッパーの結合が強く、靴底が剥がれにくいことに加え、型崩れしにくいという機能性を備えたフォルムは、バルカナイズ製法を取り入れて作られている。また、柔らかく、強度で軽いカンガルー・レザーが使用されており、履き込むことで独特のムラやシワなどができるため、味わいが増してオリジナル感が出てくる。伸縮性のあるサイド・ゴアが、柔軟性と程良いフィット感をもたらし、脱ぎ履きしやすい点がポイントだ。

 スタイリッシュなデザインと機能性のバランスが絶妙な同ブランドの商品は、XS(22.5cm)からXL(28.5cm)までサイズがそろい、豊富なカラー・バリエーションが展開されている。ロー・カット、ミドル・カット、ハイ・カットなど、スタイルやデザインの幅広さも見逃せない。

 良い靴を身に着けると思ってもみなかったすてきな何かに出会えるかもしれない。「おしゃれは足元から」を実践し、出掛けてみてはいかがだろう。

ブランド情報

Web: www.spingle.jp

 Happy Rich Harding legal 幌北学園 Japanaroo  kidsphoto
日豪プレス 配布場所   日豪プレス 新刊発行    Oishii Japanese Restaurant Guide Covid-19 最新情報

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL


新着イベント情報

新着イベントをもっと見る