Journey of Somethingのラウンド・ジグソー(All Around OZ)

Editor's Pick -(エディターズ・ピック)

今月の気になる一品
優れた日用品からため息の出るような贅沢品まで、
スタッフの気になるアイテムを独自の目線でピック・アップしてお届け。
日本とオーストラリアを中心に、世界各国のブランドから紹介する。
本当に良い物を愛用して、日々の暮らしをもっと心豊かに。
大人の毎日を完成させよう。(文 石井ゆり子)

1000 Piece Puzzle (Round) - All Around OZ $ 64
1000 Piece Puzzle (Round) – All Around OZ $ 64

 たくさんのパーツを組み合わせ、1つのイメージを完成させるジグソー・パズルは、老若男女問わず楽しめる趣味として多くの人に親しまれている。子どもがパズルに夢中になることで、集中力や発想力が鍛えられ、大人が取り組む場合、脳のトレーニングになることも。簡単そうに見えて、すぐに完成させるのは難しい点がジグソー・パズルの醍醐味だ。難易度や絵柄、サイズはもちろん、飾る場所など、用途に合わせて好みの物を選びたい。そこで今回紹介するのが、オーストラリア発のブランド「ジャーニー・オブ・サムシング(Journey of Something)」の1,000ピース・ラウンド・ジグソー・パズル「All Around OZ」だ。

 同ブランドは、「Artful ways to play」をモットーに、ジグソー・パズルやカード・ゲーム、アート・キューブなどを展開し、芸術的な遊び方の提供に励んでいる。主に、オーストラリア国内及び海外のアーティストによるデザイナー・ジグソー・パズルを販売。パズルに取り組むことで心をリラックスさせ、完成品を飾ることで空間を美しく彩れるよう、どの商品も、アーティストの作品を強調するように設計されており、カラフルな絵柄が魅力だ。おしゃれなボックスに納められているため、自宅用のみならず、贈り物としても喜ばれるだろう。

 同商品は、メルボルンで活動する、英国生まれのコラージュ・アーティスト・マキシミリアン・マローンにより描かれた直径67.5cmの円形パズルだ。オーストラリアならではの動物や植物が、彩り豊かに散りばめられている。彼は、ヴィンテージの本からイメージを取り、サイケデリックスかつノスタルジアで、ユーモアのある芸術的なコラージュ作品を数多く制作。組み立て後に自身の作品を分解し、将来使用するために各画像をファイリングすることがあるそうだ。画像がパズルのピースのように存在し、新たな作品に生まれ変わるための特別なツールになるという。

 コロナ渦の影響で、外出を控えざるを得ない昨今、家で過ごす時間の楽しみ方として、ジグソー・パズルに挑戦してみるのも良いだろう。

ブランド情報

Web: www.journeyofsomething.com

 JCB Yumepirika Campaign CJM Lawyers 幌北学園 kidsphoto nichigowine 
日豪プレス 配布場所   日豪プレス キレイになろう特集 Coupon Banner

新着記事

新着記事をもっと見る

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る