第2回 おもてなし編

簡単フラワー・アレンジメント

花で彩るビューティフル・ライフ
簡単フラワー・アレンジメント

第2回 おもてなし編
しっとりと大人の楽しみ…WINE PARTYのデコレーション



Diana Krallのジャズを聴きながら、気の置けない友人たちとワインを楽しむ ―― 。私にとって至福のひと時。子どものころ早く大人になりたいと思っていた理由は、こういうことなのかしらと、ふと思う…。


 フランスに滞在していた時、数多くの素晴らしいワインと出会いました。その中でも、名産地ボルドー・メドック地区にあるシャトーでいただいた、1953年産のワインの味は今でも忘れられません。熟成とともに変化する味・香り・色をじっくりと味わいながら、そのワインが刻んできた長い年月に思いを馳せる…。これもワインをいただく時の楽しみの1つです。
 もちろん、ここオーストラリアにもたくさんの美味しいワインがあります。約200年の若い歴史にもかかわらず、恵まれた太陽と大地に育まれたブドウで造られたオーストラリア・ワインは、今や世界でも高い評価を受けています。中でもシラーズはオーストラリアらしさが最も表れている品種。産地によってさまざまなスタイルがあるので、飲み比べてみるのもおもしろいですね。
 皆が来る前に少しだけ…。オーストラリアの美味しい恵みをグラスに注ぎ、気分よくワイン・パーティーのデコレーションを始めましょう。
デコレート方法
①バーガンディー色(深い赤ワイン色)のミニバラを、1輪ずつグラスの柄に飾ります。先にリボンを結んでからバラの茎を差し込むと簡単にできます。
②茎を短く切った大輪のバラとキャンドルを、水を入れた花瓶に浮かべます。
③リボンを付けたキャンディーBOXにバラを入れてディスプレイ。パーティーの終わりに、楽しいひと時の思い出として、1つずつゲストにプレゼントできます。
 今夜は、ワインと花で、しっとりと過ぎていく時間に癒されてくださいね。
用意するもの(個数はゲストの数に合わせる)
バーガンディー色のバラ&ミニバラ、花瓶(大きなサラダボウルでもOK)、リボン、フローティング・キャンドル、キャンディーBOX
簡単フラワー・アレンジメント
PROFILE
西方康代(にしかた やすよ)
大阪外国語大学(現・大阪大学外国語学部)卒業後、フランスのワイン会社に就職。ソムリエ、カルヴァドス・シュバリエ、ティー・インストラクターの資格を取得。その後渡英し、英国フローリスト国家資格「Advanced National Certificate in Floristry」を取得。「Society of Floristry 2003 UK全国大会」3位、「Spring Florist Event 2004 UK全国大会」で優勝。2005年日本国際博覧会「愛・地球博」の会場装飾を手掛ける。現在、ワタベウェディング・ゴールドコースト店でフローリスト勤務。

新着記事

新着記事をもっと見る

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る