第7回:木枯らしの6月

NA0906_GARD_L2.jpg
鉢をひっくり返したら、根がそのままの形になってました

緑と暮らそう
はつのガーデニングごよみ
第7回:木枯らしの6月


植え替え&移動
 草木の夏の生長も終了し、木々の葉も落ちて庭の体相もずいぶん寂しくなったと思います。が、庭仕事は尽きることはありません。鉢植えにしてある植物が生長し、根が鉢にパンパンになっていたら植え替えをしましょう。
 より大きい鉢と良質のポッティング・ミックスを準備し、植え替えます。植物の根の底の方に根がギッチリ生えていたら、少し指でほぐしてください。英語ではこの作業をTickleと言いますが、植物への愛情が滲み出ている表現ですね。
 植え替えがすんだら1度、たっぷりと水をやりましょう。また、庭に植えた植物の移動もこの時期が最適。植物は休眠する時期なので、植物に与えるショックも最低限に抑えることができます。
新種を選ぶ基準
 この季節、園芸屋さんでも園芸雑誌でも春のシーズンを見越して新たなカタログが出回り始めます。新種の花、球根など色とりどりの植物が誌面狭しとリストアップされています。もちろん、見た目重視で草花を選ぶのもいいですが、病気への耐性、住んでいる地域の気候に合った植物を選択基準にしてみてはどうでしょうか ?
 同じタイプの植物(例えばトマト)でも、その品種によって雨が多くても大丈夫だとか、逆に夏のカンカン照りにも負け知らず、といった特徴を持ったものがあります。それらを基準にすれば、今まで生長させるのに苦戦していたものがあっさり簡単に育ってくれる可能性も大になるわけです。
じゃんじゃんジャガイモ
 芽が出てしまったジャガイモを植えるだけでも楽しいですが、ここはひとつ新しいイモの栽培に挑戦してみては ? 種芋は園芸屋さんでも買えますし、オーガニック・ショップで買ったイモでもOKです。ジャガイモを植えるコツは、植える前に日光に当てて置き、芽が出たらその芽が緑になるまで生長させます。しかる後に地面に植えると成長がスムーズに行きます。また、イモが形成されるのは柔らかい土(=湿った土)なので、しっかりとマルチ(敷き藁)を施しましょう。
 ぜひ、美味しいジャガイモの育成にチャレンジしてくださいね !


NA0906_GARD_L1.jpg

はつ@園芸プロフィル
 ひょんなことで始めた園芸にハマり、懐郷も手伝って日本野菜を収集し栽培し始める。農業エキスポを見学しに行く道中、まきばが焦土と化していてあ然。青しそ、ごぼう、三つ葉などの日本野菜の種の販売もしている。
Web : oztrials.hp.infoseek.co.jp

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る