それぞれの銘仙スタイル/KiMONO日和

KiMONO日和
Styling vintage kimono in Melbourne

それぞれの銘仙スタイル

着物のスタイリングはその日のテーマを決めて小物などをプラスしていくのがポイント
着物のスタイリングはその日のテーマを決めて小物などをプラスしていくのがポイント

 文明開化により、西洋からのさまざまな文化が日本へ入って来るにつれ、着物にも多様な変化が起こりました。化学染料の発達により鮮やかな色が使われ、西洋風のデザインが着物に取り入れられるようになったのもこのころからです。

 特に「銘仙」と呼ばれるこの時期に作られ始めた平織りの絹織物は、アール・デコやキュビズムの影響を受け、ポップでモダンなデザインの物が多く、当時の女学生を中心に大流行しました。

 百年近く経った今でも「大正ロマン着物」として、銘仙はアンティーク着物コレクターの間で愛され続けています。今回はそんなモダンなデザインの銘仙を使って、それぞれ違った趣で三姉妹にスタイリングしてみました。

 長女(右)のテーマは「BOHO」。象形文字のような柄の銘仙を、ターコイズ色のストライプの名古屋帯で差し色を入れ、エスニックなブーツや肩のファーでボヘミアンなスタイルの完成です。

 次女(左)のテーマはマリン。ジオメトリックなストライプの入った銘仙に、白のモダンな袋帯を合わせました。アンティークの着物は裄や丈が短めな物が多いのですが、足元からあえてロング・スカートを覗かせたり、大ぶりのバングルなどと合わせることで、現代の女性でもファッションとしてサイズを気にせず着られるようになります。

 三女のテーマはキュート・モダン。サーモン・ピンクと白をベースに黒の差し色を入れ、トラディショナルでありながらどこか新しいスタイルの完成です。

このコラムの著者

Sala Okabe

着物の着付け、スタイリング、着物レンタル及び販売をする着物スタイリスト。インスタグラムなどで新しい着物スタイルの提案や海外で着物を楽しむアイデアを紹介している。
Instagram: @kimono_salaokabe

 Happy Rich Harding legal 幌北学園 Japanaroo  kidsphoto
日豪プレス 配布場所   日豪プレス 新刊発行    Oishii Japanese Restaurant Guide Covid-19 最新情報

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL


新着イベント情報

新着イベントをもっと見る