第12回 夏の終わりの大イベント

Lifeguard Yutakaの今日も僕は海をみていた
毎年、ケリー・スレイター(写真上)などの世界的に有名な選手が一堂に集まるクイックシルバー・プロ(写真提供=Quiksilver Pro)

Lifeguard Yutakaの

今日も僕は海をみていた

美しく平和そうに見えるビーチも、海のプロの目を通せばドラマがいっぱい。もっと海を知り、もっと海と仲良くなるためのコツを、現役ライフガードが優しく指南。

第12回 夏の終わりの大イベント

3月といえば、ゴールドコーストが夏の終わりを告げる時期です。水温が徐々に下がり始め、1日の日の長さも1〜2月に比べると短くなってきます。そんな中、実はゴールドコーストの海では最大の盛り上がりを見せるイベントが開催されます。

3月2〜13日の間、サーフィン世界選手権ツアー第1戦となるクイックシルバー・プロ(Quiksilver Pro)、そしてロキシー・プロ(Roxy Pro)が、クーランガッタ地区にある、スナッパー・ロックスと呼ばれる伝説のサーフ・スポットで行われるのです。毎年、日本からも女子、男子ともに数多くのプロ・サーファーが観戦しに来るくらい、とても有名で人気のあるサーフィン世界大会です。

昨年のASP世界チャンピオンは、オーストラリア人選手。地元ゴールドコースト出身のスーパースター、ジョエル・パーキンソン選手、通称パーコの名で親しまれている彼でした。そんな彼が日ごろから練習場にしている地元サーフ・スポットで行われるのがこの2つの大会です。

世界的に有名な男性サーファーたちが技を競い合う、クイックシルバー・プロ。そして、ロキシー・プロでは、数多くの若手女性サーファーや各国を代表する選手が参加します。女性ファン、女性サーファーから、最も支持を集める世界のトップ女性サーファーたちの姿は、まさに男子顔負けです。

この日は、ゴールドコースト・ライフガードもジェット・スキー部隊として、特別に試合会場沖合で常時スタンバイをしています。

夏も終わりに近づき、これからは徐々に人の数も砂浜から減り始めます。しかし、どんな季節でもライフガードたちは常に砂浜で安全管理に全力を尽くしていますので、クラゲに刺されたり、サーフボードとの衝突でケガをしたり、車の鍵をなくしたりなど、お困りの際は、お気軽に声をかけてください。

今年の夏は、特に海での事故が多く、救急車搬送も数多くありました。皆さんも、夏の終わりの海だからといって気を抜かずに、安全にお過しください。


Lifeguard Yutakaの今日も僕は海をみていた

 
<プロフィ-ル>
朽木豊(くちき・ゆたか)

ゴールドコースト市のプロ・ライフガード。北はスピットから南はクーランガッタまで、海難救助に精を出す日々を送る。オーストラリアで採用された最初の日本人プロ・ライフガード。フェイスブック(Yutaka Kuchiki)も随時更新中。

新着記事

新着記事をもっと見る

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る