第6回 64ビット版Windows7の注意点!

パソコン・トラブル・シューティング

岩戸あつしの
パソコン・トラブル・シューティング

「新・パソコン講座」から装いも新たにスタートしたこのコーナー。パソコンにおける、身近なトラブルの解決方法ををコンピュータ・エンジニアの岩戸あつしさんが分かりやすく解説してくれる。
このコーナーではウィンドウズについての解説となります。

第6回 64ビット版Windows7の注意点!

パソコン・トラブル・シューティング

 パッケージ版のWindows7(セブン)を買うと、32ビット版と64ビット版の両方が入っていて、どちらを使うか選択できるようになっています(パソコン本体を買うと付いてくるOEM版では32ビット版だけの場合が多い)。コンピュータの頭脳にあたるCPUはかなり前から、64ビット仕様のものが出ていました。しかし、OSであるウィンドウズも64ビット仕様にする必要があり、さらにアプリケーション・ソフトや周辺機器なども64ビット仕様のものが必要とされる場合もあり、ほとんどのユーザーは、CPUの能力が64ビットありながら、32ビット機として使っていました。
 Windows7になって、マイクロソフト社は、64ビットを積極的に応援する体制を取りましたが、ソフトや周辺機器で対応できていないものがまだ多くあり、トラブルの種となっています。

まず64ビットは32ビットに比べてどのくらい速いのか?
 64ビット版は、単純に32ビットの倍の速さの処理速度と思い込んでいる人がいますが、そうではありません。32ビットは1度に約43億の数字を並べることができる能力です。64ビットになるとさらにその2乗(つまり43億×43億)という天文学的な数字を1度に並べることができますが、通常の計算として43億以上の数列を扱うことが少ないため、64ビットであっても、32ビットまでしか使っていないことが多く、64ビットならではの能力が発揮されていない場合がほとんどです。例えば、CAD(Computer Aided Design)、CG、ゲームなど、大画面でグラフィックスを扱うようなものに64ビットは有効です。
 最近あちらこちらのウェブで32ビットと64ビットを比較したベンチマーク・テストの結果が出ていますが、通常のソフトを使った場合でおよそ10〜20%くらい64ビットの方が速いという結果が出ています。

パソコン・トラブル・シューティング

64ビット版対応プリンターを使う場合
 この64ビット版でのトラブルで多いのが、32ビット版仕様で使ってきた周辺機器。例えば、プリンター。32ビット版のみ対応する機種もあるので要注意です。新規で購入する場合、Windows7に対応しているか、さらにWindows7の64ビット版に対応しているかを調べる必要があります。調べる方法は、プリンター・メーカーのウェブ・ページにある、ダウンロード・ドライバと呼ばれるところ(メーカーによって少しずつ呼び方が異なる)で、お持ちのプリンターのモデル番号を参照します。Windows7の64ビット用のプリンター・ドライバが見つからなかったとしても、新しいモデルに関しては、そのうちドライバが出てくるでしょう。ただ古いプリンタに関してはWindows7や同64ビット版に対応しない可能性もあります。心配であれば、直接メーカーに問い合わせるのがいいでしょう。
アプリケーション・ソフトの64ビット対応
 ワードやエクセルなど、マイクロソフト・オフィス関連ソフトは、Windows7 の32ビット版でも64ビット版でも同じように使えるようになっています。現在のところWindows7の64ビット版でも、ほとんどの32ビット版のアプリケーション・ソフトが使用できるようです。CADや、ゲームなどの3DCGを扱うようなソフトは、64ビットの能力をフルに発揮できるので、そのうち64ビット専用仕様が出てくることが予想されます。

今さら聞けないパソコン用語
●32ビット、64ビット
 コンピュータの処理速度は主にCPUと呼ばれる演算チップの性能によって決まり、演算チップの処理速度は主に1度に数字を並べられる能力(ビット)と、その並べた数字を1秒間に何回並べ替えできるか(ヘルツ)、という組み合わせで決定される。もちろん1度に並べられる数字が多いほど高性能で、またそれを1秒間で多く並べ替えができる方が高性能といえる。32ビットとは、2の32乗つまり、約43億の数字が1度に扱え、64ビットは、さらにその43億の2乗という天文学的な桁になる。


パソコン・トラブル・シューティング

岩戸あつし
<著者プロフィル>
大学院卒業後、貿易会社を経て、コンピュータ・エンジニアとして活躍。日経CGなどへの執筆、PCショーの講師を勤める。1992年、オーストラリアに移住。1994年シドニーにジャパン・コンピュータ・ネットを設立、主にシドニー在住の日本人、日本企業にコンピュータ・サービスを開始する。現在同代表取締役社長。

新着記事

新着記事をもっと見る

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る