第17回 日本旅行時のインターネット事情

パソコン・トラブル・シューティング

岩戸あつしの
パソコン・トラブル・シューティング

パソコンにおける、身近なトラブルの解決方法ををコンピュータ・エンジニアの岩戸あつしさんが分かりやすく解説してくれる。

 

第17回 日本旅行時のインターネット事情

パソコン・トラブル・シューティング

年末とお正月にかけて休暇で日本に帰りました。商売がら、オーストラリアの携帯電話を日本でも受けることができるようにすることと、日本のどこにいてもインターネットが使えるようにする必要がありました。携帯電話の方は海外ローミングの契約をしてきたため、シドニーからの緊急の電話はいつでもどこでも受けることができました。インターネットに関しても海外データ・ローミングという方法がありますが、この海外データ・ローミングはオーストラリアのどのプロバイダでも極端に高いレートに設定されています。メールを海外で1日受け取っただけで、100ドル近く、2週間知らずにインターネットを使って2,000〜3,000ドルを請求されたということを聞いたこともあります。オーストラリアのプロバイダも料金が高いことを自覚していて、ローミングは電話だけにして、スマート・フォンのデータ・ローミングのスイッチをオフにするよう勧めています。そういう訳もあり、今回期せずして日本で旅行者向けインターネットを調べることになりました。

今回私が持っていったのが、iPhone4とウィンドウズ・ノート・パソコンです。この2つにインターネットを繋ぎたいと思った時に、思いあたったのが、ポケット・モバイルと呼ばれるポケットに入る程の小型ブロードバンド・ルータです。ポケット・モバイルを持っていれば、日本のどこにいても(人がいないようなところは除いて)インターネットが使用できます。しかもモデムだけではなく、ルータの機能があるので、1つのポケット・モバイルで4台まで同時にインターネットを使用することができます。またiPhoneにスカイプをインストールすることによって、スカイプの安い電話料金(PCに対しては無料、電話機に対しては有料)で世界中に電話をかけることができます。

パソコン・トラブル・シューティング
新幹線の中で、ポケット・モバイル(左の円内)からのインターネットを使用してiPhone(右の円内)とノート・パソコンでインターネットを利用している様子。

手っ取り早い方法として、成田空港などで、ポケット・モバイルを借りることができますが、ただその貸し出し料金が1日1,000円から1,500円くらいと高いので、例えば1週間借りたら約1万円ということになり、1回の旅行の通信費用としては高いものになります。

もう1つの解決策として、借りるのではなく、1年なり2年なりの契約をしてポケット・モバイルを買い取るという方法があります。ただ1カ月毎に4,000円以上支払う契約のものが多く、私のように1年に1・2回それも1・2週間しか日本に滞在しない人には損な契約になります。今回それでも、いろいろ探して1つ自分に向いたプランを見つけました。Eモバイル社が出している「スーパー・ライト・プラン」というもので、2年契約をすると月の上限は、約6,000円ほどですが、全く使わなければ280円だけでよいというプランです。ただし月払い以外に初期費用として約5,000千円を支払う必要があります。また契約ですが、携帯電話の契約とは異なり、日本の住民票などの提示は必要なく、クレジット・カードとパスポートを見せるだけで契約できましたので、日本に住民票のないオーストラリア在住の日本人にも便利だと思いました。これで今回2週間旅行し、行き先々でインターネットやスカイプ電話を利用し、移動中の新幹線などの社内でも使用することができました。

 


 

今さら聞けないパソコン用語
海外ローミング

国内で使っている携帯電話やインターネットが、そのまま海外でも使えるようにするサービス。インターネットの方は特にデータ・ローミングと呼ばれる。

 


 

パソコン・トラブル・シューティング

 
岩戸あつし
 

大学院卒業後、貿易会社を経て、コンピュータ・エンジニアとして活躍。日経CGなどへの執筆、PCショーの講師を勤める。1992年、オーストラリアに移住。1994年シドニーにジャパン・コンピュータ・ネットを設立、主にシドニー在住の日本人、日本企業にコンピュータ・サービスを開始する。現在同代表取締役社長。

新着記事

新着記事をもっと見る

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る