第9回 iPadを出張で使うときの問題

パソコン・トラブル・シューティング

岩戸あつしの
パソコン・トラブル・シューティング

「新・パソコン講座」から装いも新たにスタートしたこのコーナー。パソコンにおける、身近なトラブルの解決方法ををコンピュータ・エンジニアの岩戸あつしさんが分かりやすく解説してくれる。
このコーナーではウィンドウズについての解説となります。

第9回 iPadを出張で使うときの問題

パソコン・トラブル・シューティング

 アップル社からiPadが発売されてまだ間がないというのに、全世界ですでに300万台を売り上げました。iPadは同社のiPhoneを大きくしたような、タッチパネルを使ったデザインで、携帯端末でもなく、ノートパソコンや、ネットブックでもない新たなジャンルを築きました。発売前から魔法のノートiPadというイメージが強く、値段もオーストラリアドルで1,000ドル以下と手軽なこともあり、何に使うという目的もないままiPadを買ってしまった方も多くいると思います。特に形と重さからいって出張に持っていくと便利だと思って買ったものの、当初思っていたことと実際の機能が異なって、出張時に持っていくのをあきらめた人もいるようです。今回はビジネス、特に出張で必要な機能に絞ってiPadがどこまで使えるのか調べました。

携帯電話は別に持っていく必要がある
 iPadにはiPhoneのような携帯電話機能がありません。ただ、Wi-Fi機能(ワイヤレスLAN)や、3Gモバイル・ブロードバンドなどの機能があるので、それと例えばスカイプと組み合わせれば電話機能になるといえばそうですが、自分に電話をかけてもらうのに通常の電話番号ではなくスカイプ名を使わないといけないことや、携帯電話ほど音声がクリアでなく通信状態も安定していないという問題があり、やはりiPadだけ持って出張に行くというのは無理があり、携帯電話も一緒にもっていく必要があります。
日本語環境
 iPhoneと同じように、パネルにある設定によって日本語環境が選択でき、インターネット・ブラウザやEメールの読み書きだけでなく、すべてのメニュー、ソフトが日本語環境になりますので、ノン・ユニコードによる日本語文字化けの可能性などという細かな問題を考慮しても、「使える」と考えます。
インターネット・ブラウザ
 インターネット・ブラウザはアップル製品でおなじみのサファリを使います。アドレス入力の際にはiPhoneと同じように画面の下の方にキーボードが現われる仕組みです。iPhoneと比べるとタッチパネルの反応が速く、画面が大きいので、ブラインドタッチで打つこともでき、大きな問題はありません。

パソコン・トラブル・シューティング

Eメールソフト
 iPhoneで使われているのと同じメールソフトが組み込まれていて、通常POPと言われるプロバイダのメールサーバを使用する方法、Hotmail、Gmailなどのウェブメールを利用する方法、マイクロソフト・エクスチェンジを利用する方法がありますので、VPN絡みのメールを除いてほぼ問題なく使用できると思います。
iWorkで資料作成、ワード、エクセルの読み込みはOK
 iWorkというMS(マイクロソフト)オフィスの代わりになるソフトが入っています。iWorkは、タッチパネルでの入力、編集に工夫が凝らされており、iWorkだけで資料作成するのが理想です。ただ現実的に、ほとんどのビジネスマンがMSオフィスで作成された資料を使っています。iPadでは、ワード、エクセル、パワーポイントの読み込みは可能で、客先で資料を参照したり、客にプレゼンテーションすることが可能です。ただiPad用としてマイクロソフト・オフィスのソフトがまだ販売されていないことから、今のところワード、エクセルの読み込みのみで編集や書き込みはできません。iPad用のマイクロソフト・オフィスが待たれます。
さあ、あなたは出張にiPadを持っていきますか?
 現状でいうと携帯電話機能がないことや、MSオフィスなどビジネス・ツールが不足していることから、iPadだけ持って出張という訳には行かないでしょうが、例えば、iPhoneとiPadを持って出張ということは充分考えられることです。今後、携帯電話の組み込み、iPad版MSオフィスの販売など新たな展開が出てくる可能性も考えられます。また、iPadの得意とする写真、ビデオ、電子書籍など、今後ビジネスの形態が変化していく中で、これらの機能がビジネスの必需品になる日も遠くないかも知れません。


パソコン・トラブル・シューティング

岩戸あつし
<著者プロフィル>
大学院卒業後、貿易会社を経て、コンピュータ・エンジニアとして活躍。日経CGなどへの執筆、PCショーの講師を勤める。1992年、オーストラリアに移住。1994年シドニーにジャパン・コンピュータ・ネットを設立、主にシドニー在住の日本人、日本企業にコンピュータ・サービスを開始する。現在同代表取締役社長。

新着記事

新着記事をもっと見る

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る