QLDで安全・快適ライフ/アジア人に対する強盗事件

QLDで安全・快適ライフ

警察とコミュニティーをつなぐ日本人ポリス・リエゾンが、クイーンズランド州で安心な生活を送るためのアドバイスや安全情報をお届けします。

第56回 アジア人に対する強盗事件

QLD州では、昨今アジア人留学生やワーキング・ホリデー・メーカーを狙った強盗が発生しています。早朝と、夕方から深夜にかけて、若者グループがアジア人の個人またはグループをターゲットに強盗を働くケースが報告されています。

襲われないためには

犯人グループは未成年の場合があります。怪しげなグループが、たむろしていたらできる限り避けて通りましょう。犯人の狙いは、現金は当然ですが、酒、たばこ、スニーカーなどを盗む場合もあります。高いバッグや財布、パスポートなどは絶対に持ち歩かないようにし、キャッシュ・カードやクレジット・カードなどは現金とは別の入れ物に入れておくことをお勧めします。そして、絶対に暗い道を選ばないようにし、深夜の場合はタクシーやUberなどを利用しましょう。また、両耳にイヤホンをした状態で音楽を聴きながら歩くのはやめましょう。周りの状況が分かりにくくなり、危険です。せめて片方のイヤホンを外してください。LINEやメッセージなどのテキストを歩きながら打つのはやめましょう。どうしても夜間に返信する必要が発生した場合は、周りに気を付けて明るい所で立ち止まって打つようにしてください。夜間歩く際、バッグは車道とは反対側の肩に掛けるようにしましょう。

危険を感じたら

第六感を信じ、何か嫌な感じがする場所には絶対に近づかないようにしましょう。最寄りの営業中のお店に入るか、もし近くに警察署があれば、そこでやり過ごしましょう。

実際に襲われたら

相手に逆らわないようにしましょう。相手は何人いるか分かりません。隠れている場合もありますので、命を守ることを最優先に考えてください。そして、緊急時は「000」に連絡しましょう。けがを負わされた場合には必ず連絡してください。

英語が苦手でも諦めないで!

犯罪に巻き込まれたり困っているのに、英語が苦手だからと言って我慢していませんか? クイーンズランド警察には調整官(PLO)がいます。最寄りの警察署でご指名ください。

  • ケアンズ地区:ケイコ・ベリー(Senior PLO)
  • ゴールドコースト地区:ナオ平野(平野尚道、Senior PLO)
  • ビクトリア警察:小沼友紀(Detective Senior Constable)、ダニエル正太・オコーナー(鉄道警察隊、Malvern Police Station勤務)

平野尚道
クイーンズランド州警察ゴールドコースト地区・日本担当リエゾン・オフィサー。ゴールドコースト日本人会の会長職を8年務める。移民サポート非営利団体MCCGCにて異文化育成担当として9年勤めた後、州警察のリエゾン・オフィサーに就任。現在、日本人コミュニティーと警察の架け橋として活動中。2009年に在ブリスベン日本国総領事館より在外公館長表彰、14年にゴールドコースト市オーストラリア・デー文化功労賞を受賞

 幌北学園 blancpa Travellers Medical Service novel-coronavirus nichigowine 

新着記事

新着記事をもっと見る

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る