災害対策/QLDで安全・快適ライフ

QLDで安全・快適ライフ 第62回
災害対策

 災害シーズンがやって来ました。2019年には大規模な山火事によって甚大な被害がもたらされたことは記憶に新しいところです。

 災害からいかにして身を守るかは、個人の情報収集力に掛かっていると言えます。クイーンズランド州では概して、事前に避難所の場所を公開することはありません。これは災害の状況に応じて避難所が変わる可能性があるためです。従って、災害が発生しそうな場合、以下の地元の市役所などの発信する情報やABCラジオなどをこまめにチェックして情報を収集することをお勧めします。

事前の準備に有効なサイト

■Disaster Management (QLD Gov.) Web: www.disaster.qld.gov.au
■Queensland Government
Web: www.qld.gov.au/alerts
■Get Ready QLD
Web: www.getready.qld.gov.au

刻々と変わる情報は下記サイト参照

■ABC Emergency
Web: www.abc.net.au/emergency
■山火事:Queensland Rural Fire services, Queensland Fire and Emergency Services
■台風:気象庁(Australia Bureau of Meteorology: BOM)
Web: www.bom.gov.au

各地方自治体のホームページ

■ブリスベン地区:
Web: bit.ly/3n3Agm1
※ブリスベンは、早期警戒アラートを提供しています。 Brisbane early warning alert serviceに登録すると、EmailやSMSなどで知らせてくれます。
■ゴールドコースト地区:
Web: www.cityofgoldcoast.com.au
■ケアンズ地区:
Web: www.cairns.qld.gov.au

 緊急の際には、ためらわず「000」に連絡し、落ち着いて答えてください。まず機械の音声が流れますので、「Police」「Fire」「Ambulance」を選択してください。その後、サバーブを聞かれます。落ち着いて今いる場所の住所を言います。住所が分からない場合のために、「Emergency+」というアプリをダウンロードすることをお勧めします。起動と同時に現在地の住所が出てきます。

 英語が苦手な場合は、落ち着いて「Japanese,please」と言い続けましょう。その後は相手の指示に従いましょう。相手が良いと言うまで決して電話を切らないようにしましょう。

このコラムの著者

平野尚道

平野尚道

QLD州警察ゴールドコースト(GC)地区・日本担当リエゾン・オフィサー。GC日本人会会長を8年務める。移民サポート非営利団体MCCGCで異文化育成担当を9年務めた後、現職。2009年に在ブリスベン日本国総領事館より在外公館長表彰、14年にGC市オーストラリア・デー文化功労賞を受賞

 CJM Lawyers  Harding legal 幌北学園 Azuma nichigowine 
日豪プレス 配布場所   日豪プレス 新刊発行    Oishii Japanese Restaurant Guide Covid-19 最新情報

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL


新着イベント情報

新着イベントをもっと見る