シニアからの大物釣り

クイーンズランド州の釣り情報
QLD州中南部のGT(ロウニンアジ)

第 51 回
クイーンズランド州の釣り情報
フィッシング・ライター:金園 康秀
(YASU=ブリスベン在住)
シニアからの大物釣り
 「60歳を過ぎているのに、大物釣りなんか体力的に無理です ! 」。最初はそう言う人がほとんどだが、1度大物を釣ってしまうと精神的に若返って、青年のころに戻ったように遠征釣りに来る人が多いようだ――。沖縄で、大物のジャイアント・トレバリー(GT:ロウニンアジ)を専門に釣らせる知り合いのキャプテンや、同じくトローリングでカジキやキハダを狙うキャプテンたちは、シニアの釣りのお客さんたちをそう表現している。

 

クイーンズランド州の釣り情報
ゴールドコースト沖のジギングで狙えるヒラマサ

 シニアの船釣りと聞くと、アジやタイ、カワハギなどを主に狙って、釣った魚で一杯やるというスタイル、一方、トローリングやルアーの釣りは若者か特殊な趣味の人たちのもの、というイメージを持っている人が多いのではないだろうか。 最近は、釣りの道具がかなり発達して、大物相手でも電動のリールが年配釣り師の腕の代わりになって魚と戦ってくれたり、細くて軽いロッドとリールで、か細い女性アングラーでもルアーをキャストして、大物のGTやキハダなどのマグロ類を釣ってしまう、というのは珍しくなくなってきている。 ゴールドコーストからブリスベン、サンシャイン・コーストの沖が、日本からわざわざ大物狙いの釣り人が遠征に来るほどの好釣り場だということは、地元の人にはあまり知られていないようだ。地元の釣り人や観光客相手にアジやサバ、サワラ、マダイ、ベラの仲間などを狙う五目釣りの釣りボートは数多くある。ただ、一発勝負のトローリングでカジキなどを専門に狙うゲーム・ボートを除いて、ジギングやルアー・キャスト、電動リールの生き餌で大物魚を専門に狙うボートはほとんどない。 せっかく大物が目の前を泳いでいる環境に住みながら、手をこまねいて見ているだけではもったいないかもしれない。
 豪州第3の都市、ブリスベンを南北の中心の位置にすると、南に400キロ(NSW州北部)までの海域には、大物のカンパチやヒラマサ、深い場所では大きなアラやメダイが狙える好ポイントが数多く点在している。反対に北に目を向ければ、フレイザー島近辺には、超大物のGTやサワラなどが狙える好ポイントがある。 これからの好シーズンに向けて、ぜひ大物釣りにもトライしていただきたい。
オーストラリアの釣り情報
Web: www.fujimaru.com.au


今月の釣りポイント
QLD州南部の外洋の
大物釣り同好会

クイーンズランド州の釣り情報
最近は道具が発達しているので、女性でも大物を釣る人が増えた

 QLD州南東部(ゴールドコースト、ブリスベン、サンシャイン・コースト)地域で外洋の大物釣りを定期的に行う釣り同好会を計画している。月に1度程度で随時、QLD州東南部の好釣り場の沖をボートを貸し切って、トローリングやキャスティングで表層の大物(GTやマグロ、サワラなど)、またジギングや電動リールの生き餌釣りなどで底中層の大物(カンパチやヒラマサ、マダイ、メダイなど)を狙う予定だ。主に日帰りか、1泊程度の距離の場所になるが、時には国内線フライトを使って、QLD州中部沖の環礁や、沖合いのロードハウ島、ノーフォーク島などの遠征も企画する予定だ。 大物釣りの道具は、大手釣りメーカーやタックル・ショップなどの協賛のもと、初心者向けにレンタルのものが用意されているが、気にいった大物釣りの分野があれば、徐々にそろえるのがお薦めだ。 なお、同同好会は20歳以上で当地在住か、年に1回以上、当地に滞在する釣り人であれば誰でも無料でメンバーになれる(釣り初心者でも可能)。 現在は、12月にゴールドコースト沖で、ジギングと生き餌釣りでのカンパチ、ヒラマサの釣行を予定している。問い合わせはヤスまで(yasu@fujimaru.com.au)

新着記事

新着記事をもっと見る

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る