脇道── Side Streets of Sydney #5

脇道 ── Side Streets of Sydney
Through the Camera Lens of Nao Ashidachi

写真家・足達奈穂が切り取るシドニーの風景、そして込められた思いをつづる

チャイナタウン、サセックス・ストリートの地面
チャイナタウン、サセックス・ストリートの地面

工事現場の色や形態も国によって変わるから面白い。
オーストラリアに来て、道路工事や鉄道工事、さまざまな現場で、作業員の服がほぼ全員ビビッドなオレンジのチョッキ、ジャンパーだということに気付きました。
そしてオレンジつながりですが、工事現場での三角コーンの使用率が日本に比べて、ものすごく少ない。
日本では三角コーンが乱立しているイメージがありますがオーストラリアでこの役割を果たしているのが鉄のフェンスなどで、バリケード力重視の強そうな様子。
私は工事現場が好きなので作業員や現場で使われる道具に無意識に注目してしまいます。
そして国ごとに違ったものを発見すると嬉しくなります。
地球のどこでも工事道具や表示は、目立つようにビビッドな色使いで共通しています。
地味なアスファルトに映えるキュートな印象に心が傾倒します。
写真はチャイナタウン、サセックス・ストリートの地面。
オーストラリアでは、スプレーで道路工事に関する目盛りなどがタイルに書かれているシーンをよく見かけます。
色分けが細かいことにまず感動。
そしてパステルカラーの色彩が非常にキュート。
恐らく本来あるべきものではない完成途上の状態がむき出しで街に溶け込んでいるからいいな。
そう思ってシャッターを切った1枚です。


足達奈穂 Nao Ashidachi
ドイツ生まれ。海外転勤の多かった父に連れられ、幼少時代の多くを海外で過ごし、結婚後は夫の海外赴任に伴いオーストラリアへ。2018年よりシドニー在住。14年ごろから東京のストリート・スナップを撮り始め、写真家デビュー。東京の街を舞台にした写真集『boys in tokyo sentimental』を刊行中。現在、東京メトロ×AND STORYの地下鉄車内用広告写真を手掛けている

 幌北学園 blancpa novel-coronavirus nichigowine  kidsphoto

新着記事

新着記事をもっと見る

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る