脇道── Side Streets of Sydney #8

脇道 ── Side Streets of Sydney
Through the Camera Lens of Nao Ashidachi

写真家・足達奈穂が切り取るシドニーの風景、そして込められた思いをつづる

クイーン・ビクトリア・ビルディングの一角で
クイーン・ビクトリア・ビルディングの一角で

タウンホールのクイーン・ビクトリア・ビルディング。
初めて訪れた時、外観はもちろん、内装の隅々まで、あまりにも美しくて
驚いたことを覚えている。
壁も天井も床も階段の手すりまでもが本当に素敵。
エリアによって壁の色も異なり、さまざまな特徴的な色で塗られている。
その中の赤壁の一角。
照明を浴びる、スマホも、そしてきっと心も充電中の彼女。
彼女には、この、「とある風景」の主人公になってもらった。
この建物は以前コンサートホールだったという。
そのせいか、薄暗い空間の中に、温もりのある明かりを灯せるような造りが
残されている印象。
赤壁とスポットライトの演出によって彩られたドラマに、思わずシャッターを
切った1枚だ。

足達奈穂 Nao Ashidachi
ドイツ生まれ。海外転勤の多かった父に連れられ、幼少時代の多くを海外で過ごし、結婚後は夫の海外赴任に伴いオーストラリアへ。2018年よりシドニー在住。14年ごろから東京のストリート・スナップを撮り始め、写真家デビュー。東京の街を舞台にした写真集『boys in tokyo sentimental』を刊行中。現在、東京メトロ×AND STORYの地下鉄車内用広告写真を手掛けている
WEB: www.naoashidachi.com

 Happy Rich Harding legal 幌北学園 Japanaroo  kidsphoto
日豪プレス 配布場所   日豪プレス 新刊発行    Oishii Japanese Restaurant Guide Covid-19 最新情報

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL


新着イベント情報

新着イベントをもっと見る