脇道── Side Streets of Sydney #9

脇道 ── Side Streets of Sydney
Through the Camera Lens of Nao Ashidachi

写真家・足達奈穂が切り取るシドニーの風景、そして込められた思いをつづる

レッドファーン「Carriageworks」周辺で
レッドファーン「Carriageworks」周辺で

スタートとゴールだけを決めて、なんとなくその周辺エリアを散策するのが大好きだ。
もちろん下調べはしない。レッドファーンからニュータウンまでと決めカメラを首にぶら下げ歩き始める。駅を降りて静かな住宅街を歩いて、しばらくするといきなり巨大な“REMEMBER ME”。
「何これ超かっこいい!一体何なの!?」
お店の看板でも広告でもなさそう。
調べてみるとこれはアート作品。
オーストラリアの先住民のルーツを持つアーティストのインスタレーションだ。アボリジニの人びとを想起させるメッセージが込められているという。夜のライトアップもとても美しかった。ノープラン散歩の産物との出合いを収めた1枚だ。

足達奈穂 Nao Ashidachi
ドイツ生まれ。海外転勤の多かった父に連れられ、幼少時代の多くを海外で過ごし、結婚後は夫の海外赴任に伴いオーストラリアへ。2018年よりシドニー在住。14年ごろから東京のストリート・スナップを撮り始め、写真家デビュー。東京の街を舞台にした写真集『boys in tokyo sentimental』を刊行中。現在、東京メトロ×AND STORYの地下鉄車内用広告写真を手掛けている
WEB: www.naoashidachi.com

 Happy Rich Harding legal 幌北学園 Japanaroo  kidsphoto
日豪プレス 配布場所   日豪プレス 新刊発行    Oishii Japanese Restaurant Guide Covid-19 最新情報

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL


新着イベント情報

新着イベントをもっと見る