2021年8月 ニュース/コミュニティー

オーストラリアの日系コミュニティー・ニュースをお届け!

Japanese Community News

オーストラリアにおける日系コミュニティーのニュースや最新情報を紹介していくと共に、シドニーを中心に各地で行われるセミナーやイベントの告知や報告などを掲載。

新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けて、イベントが中止や延期となる可能性があります。イベントの最新情報は、各イベントの公式サイトで確認してください。

「Japanaroo 2021」ガラ・コンサート開催
日豪プレス読者ペア1組ご招待

ディジュリドゥ奏者、ウィリアム・バートン氏
ディジュリドゥ奏者、ウィリアム・バートン氏
往年の大スター・カマール氏
往年の大スター・カマール氏

 数多くの日豪の関係団体・企業が参画し、食、文化、旅などさまざまな角度から日本に関連するイベントが8月20〜29日まで10日間にわたって開催される「Japanaroo 2021」。そのオープニング・イベントとして、日豪の著名伝統芸能アーティストが集結するガラ・コンサートが8月20日、シドニーで行われる。

 2019年にオペラ・ハウスで開催されローカル・メディアでも話題となった「日本伝統芸能祭」に参加した日本伝統芸能のアーティストらに加え、先住民ディジュリデュー奏者でありコンポーザーのウィリアム・バートン氏、1970〜80年代に数々のヒット曲を世に送り出した往年の大スター・カマール氏をゲストに迎えたマルチカルチャー・イベントとなる。

 今回は初のイベント開催を記念し、日豪プレス読者に向けてペア1組のチケットをプレゼント。応募は以下より。

■プレゼント応募(応募締切:8月10日)
Web: nichigopress.jp/campaign/

■「Japanaroo 2021」ガラ・コンサート
会場:The Sydney Conservatorium of Music (1 Conservatorium Rd, Sydney, NSW)
日時:8月20日(金)7PM〜9:30PM
チケット:プレミアム$100、スタンダード:$80
Web: www.eventbrite.com.au/e/153185597245
主催:J Culture Sydney
共催:World Scholarship Organization
後援:在シドニー日本国総領事館、ジャパン・ファウンデーション・シドニー、JNTOシドニー

■問い合わせ: yukiko@jculturesydney.com

■参加アーティスト:
ウィリアム・バートン(ディジュリデュー)
小田村さつき & Yu Ni On(琴&太鼓)
れん & りんどう(書&太鼓)
カマール & シドニー桜合唱団(コーラス)
只野徳子 & りんどう(三味線&太鼓)
Yu Ni On & りんどう(太鼓)
IKCS – WA BO RI(アボリジニ柄着物ショー)

※コロナウイルス対策規制により変更の可能性があるため、随時ウェブサイトでチェックを。


サザン・クロス大学やリズモア市役所が歓迎
紀谷昌彦・在シドニー日本国総領事がリズモアを訪問

初日に訪問したサザン・クロス大学で
初日に訪問したサザン・クロス大学で

 6月18日〜19日、紀谷昌彦・在シドニー日本国総領事は村田真一領事、クレア(CLAIR=財団法人自治体国際化協会)シドニー事務所長・赤岩弘智氏、伊藤大揮氏と共にNSW州北東部に位置するリズモアを訪問した。

 初日の午前中に訪れたサザン・クロス大学では、構内にあるジャパン・センター・トニーグリン・ギャラリーでタイロン・カーリン学長、トーマス・ロチェ副学長、ジャネル・サッフィイン州議員、インターナショナル・センター役員兼ジャパン・センター・コミッテー役員・マクラレン温子氏や学生たちの歓迎を受けた。

 午後はリズモア市役所を訪問し、バネッサ・エキンズ市長と対談。姉妹都市である奈良県大和高田市の堀内大造市長からのメッセージも読まれた。その後、トニーグリン神父の生家を訪れ、翌日はリズモア歴史博物館などを巡り、リズモア市のショウグラウンドで開催されたランタン・フェステバルに参加した。


「ケン・ドーンと日本展」開催

The visit of an important man from Japan, 1991 acrylic on canvas 183 x 244 cm
The visit of an important man from Japan, 1991 acrylic on canvas 183 x 244 cm

 「Japanaroo 2021」の一環として「ケン・ドーンと日本展(Ken Done: Japan)」が開催される。オーストラリア勲章受勲、シドニー五輪・公式エンブレムのデザインなど名実共に豪州を代表するアーティストの1人だが、雑誌「Hanako」の表紙デザインを10年間担当するなどその作品は日本人にもよく知られている。同展では日本人や富士山などをモチーフにした数々の作品を展示予定だ。

■Ken Done: Japan
日程:8月20日(金)〜9月20日(月)、毎日10AM〜5:30PM
場所:ケン・ドーン・ギャラリー(1 Hickson Rd, The Rocks, NSW)
Web: www.kendone.com.au


JCS着物フェスティバルを開催

 シドニー日本クラブ(JCS)は、8月22日、グリーブ・タウン・ホールで着物フェスフェスティバルを開催する。近年、シドニーの着物文化が急速に拡大し、多くの着物愛好家が日本文化体験を楽しんでいる。

 同フェスティバルでは、着物や弁当の販売に加え、着物スタイリング・コンテストや日本の工芸品のワークショップ、折り紙パフォーマンス、着物写真撮影などが行われ、三味線の演奏やソーラン・ダンスなどが披露される予定だ。

■JCS着物フェスティバル
場所:Glebe Town Hall (160 St. Johns Rd., Glebe NSW)
料金:無料
Emai: kimonoenquiry@gmail.com


チアリーディング「SPRINGS」NSW大会で2連覇

2連覇したスプリングスのメンバー
2連覇したスプリングスのメンバー

 6月11〜13日、オリンピック・パークで開催されたチアリーディング大会「AASCF NSW WINTER FEST 2021」で、シドニー・チアリーディング「SPRINGS」が2連覇を果たした。同時に「Grand Champion」「Pinnacle Bid」トップティアー1位と全てのタイトルを獲得。

 同チームのコーチを務める野元理香氏は「全国大会に向け、高い目標だからこそ生まれる厳しいプロセスの中で、子どもたちの潜在的かつ大きな可能性がどこまでも伸びていくよう、チーム・メンバーの成長を見守っていきたい」とコメントした。


沖縄ナイト開催

多くの参加者が沖縄の雰囲気を満喫
多くの参加者が沖縄の雰囲気を満喫

 6月17日、シドニー市内のパブ「Little Nicks at Albion Hotel」で沖縄ナイトが開催された。同イベントは、Jカルチャーと日本クラブ主催の下、日本に関心のあるミート・アップ・グループとローカル向けに、沖縄沖縄の地酒(泡盛)や観光、文化をプロモーションするために行われ、89人が集まった。

 会場では、泡盛ハイボールや泡盛モヒート・カクテル、柚子スパークリングのカクテルなどが販売され、エイサーや沖縄三味線、歌のパフォーマンスが披露された。参加者には星砂ボトルやエコバック、メモパッドなどが入ったギフトが抽選で進呈された。


在ブリスベン総領事館在外公館長表彰に2氏

表彰状を受け取るウィルソン哲雄氏(左)写真提供:在ブリスベン日本国総領事館
表彰状を受け取るウィルソン哲雄氏(左)写真提供:在ブリスベン日本国総領事館

 6月25日、在ブリスベン日本国総領事公邸で在外公館長表彰授賞式が行われた。グリフィス大学アジア研究所所長のケイトリン・バーン氏、浄土宗阿弥陀寺僧侶のジェイムズ・ウィルソン・哲雄(てつゆう)氏の2人が、田中一成・在ブリスベン日本国総領事より表彰を受けた。

 バーン氏は「豪日対話」などの民間外交への多大な貢献、ウィルソン氏は、長年、木曜島日系人・日本人墓地での盆法要と同墓地の保存・補修に尽力するなど、共に日豪及び日QLD州間の相互理解増進に貢献した功績が称えられての表彰となった。


「祭ブリスベン2021」が開催

 9月4日、日系NPOブリスベン青年団主催の「祭ブリスベン2021」がマウントグラヴァット・ショーグラウンドで開催される。同イベントは、2018年に初めて開催されて以来、ブリスベンとその周辺地域最大級の日系イベントとして多くの人で賑い、人気を集めている。

 昨年は新型コロナウイルスの影響で中止となったが、2年ぶりに開催される。今年のテーマは「日本なら、ここにある」。コロナ禍で訪れることが叶わない日本を1日だけでも感じて欲しいとの願いが込められている。

 ブリスベン日系コミュニティーの総力が結集される1日限りの「日本」が創り出される同イベントでは、束の間の日本が感じられる。ぜひ、足を運んで欲しい。

■祭ブリスベン2021
日時:9月4日(土)11AM〜5PM
場所:マウントグラヴァット・ショウグラウンド(1644 Logan Rd., Mount Gravatt Brisbane QLD)
Web: www.sites.google.com/view/matsuribrisbane2021/home


SBSラジオ日本語放送見どころ

 SBSラジオ日本語放送は毎週、火、木、土曜日の午後10〜11時に番組を放送している。シドニー市内からはAMラジオ1107khzにチューンを合わせる方法と、デジタル・テレビのデジタル・ラジオ「SBSRadio1」を選択する方法で聞くことができる。

 東京オリンピック・パラリンピック競技大会の新コーナー「オリンピック・ウォッチャー」の配信がスタートした。6月は、8月に開催される「Japanaroo 2021」について聞いた紀谷昌彦・在シドニー日本国総領事や、南極観測隊に参加したパース在住の医師・山内肇さんのインタビューなどを放送。ウェブサイトでバックナンバーの視聴ができる。

 毎月第3週目の木曜日には日豪プレス翌月号の見どころや取材の裏話などを編集部スタッフが紹介している。

■SBSラジオ日本語放送
Email: Japanese.program@sbs.com.au
Web: www.sbs.com.au/Japanese
Facebook: 「SBSJapanese」で検索

 Happy Rich Harding legal 幌北学園 Japanaroo  kidsphoto
日豪プレス 配布場所   日豪プレス 新刊発行    Oishii Japanese Restaurant Guide Covid-19 最新情報

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL


新着イベント情報

新着イベントをもっと見る