AFL2009 熱戦 Report Vol.4 セントキルダ対ジローン

AFL2009 熱戦 Report
ジローン・キャッツVS セントキルダ・セインツ(7月5日・ラウンド14)

AFL2009 熱戦 Report Vol.4 

セントキルダ対ジローン

 2009年AFLも大詰めを迎えた。AFLファンが今年一番の大勝負と楽しみにしていたのは、ラウンド14でのセントキルダ対ジローン戦だ。13戦全勝同士の直接対決とあってエティハッド・スタジアムは、過去のAFL記録を塗り替える5万4,444人の大観衆で埋まった。歓声の大きさから推定すると、観客の6割はセントキルダ・サポーターだ。
 1873年創設の古豪とはいえ、AFLの100年を越える歴史の中で、52年前にただ1度しか優勝経験がないセントキルダは、是が非でも2回目の優勝を手にしたいところ。序盤からセントキルダの猛攻でスタートした。ニックリー・ウォルド、マイケル・ガーディナー、ニック・ダルサントなどのスター選手がグランドを駆け巡る。常勝軍団ジローンが、なすすべもなく沈黙した。しかし、総合力に勝るジローンが徐々にセントキルダに迫って、手に汗を握る終盤へもつれ込んだが、セントキルダが、からくも1ゴール6点差で逃げ切った。
 このゲームでジローンの主力選手6人が故障し、翌週、格下のブリスベン・ライオンズに43点差の大敗を喫し、メルボルンっ子を驚かせた。だが、全勝のセントキルダと追うジローンの2強、ウエスタン・ブルドッグスまでは、ファイナルへの座席を確保。コリンウッド、ブリスベン、アデレードまでの6チームは、ほぼ決まり。これから最終22ラウンドまでの見所は、残る2席をカールトン、エッセンドン、ポートアデレード、ホーソンのどこが奪取するかだ。

AFL2009 熱戦 Report

文・写真=イタさん(マイク板屋)。日豪プレスのコントラクト・フォトグラファー。AFL、テニス、ゴルフ、F1、サッカー、競馬などメルボルンのプロ・スポーツをメインに取材、撮影。長年のジローン・ファン。

 Happy Rich Harding legal 幌北学園 Japanaroo  kidsphoto
日豪プレス 配布場所   日豪プレス 新刊発行    Oishii Japanese Restaurant Guide

新着記事

新着記事をもっと見る

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る