AFL2009 熱戦 Vol.5 混沌としてきたシーズン終盤戦

コリンウッドVS フリーマントル(6月27日・ラウンド13)コリンウッドVS フリーマントル(6月27日・ラウンド13)

AFL2009 熱戦 Report Vol.5

混沌としてきたシーズン終盤戦

 2009年のレギュラー・シーズンも終盤戦を迎えた。ここへ来て大きな変動がいくつも起きている。
 まず、ラウンド(RD)14でセントキルダに惨敗を喫した王者ジローンが負け続けている。この数年間で勝率9割を誇っていた常勝軍団だが、セントキルダ戦に続いて、RD15ブリスベン、RD19カールトン、RD21ウエスタン・ブルドッグズと負けて遂に4敗となった。最終戦で負けたとしても2位の座に変化はないが、総合力では依然として勝るとはいえ、ジローンの優勝を信じる人は、かなり減ったことは間違いない。
 また、これまで全勝を誇っていたセントキルダがRD20・RD21と連敗を喫した。ファイナル・シリーズへの最後の切符を是が非でも手にしたいエッセンドン・ボンバーズの捨て身の戦いに膝を屈した。RD21は、既にファイナルの切符を失っているノース・メルボルンに負けた。ファイナル・シリーズに備えて主力選手の怪我や消耗を防ぎたいセントキルダとしては想定内の負けとはいえ、中位チームのエッセンドン、下位のノース・メルボルンを軽く一蹴してファイナル・シリーズへ挑みたかった。
 ここへ来て猛烈な勢いで追いこんで来たのは、コリンウッドだ。監督モルトハウスは、AFLきっての知将として知られるが、特にシーズン終盤の戦い方には定評がある。RD8までは3勝5敗ともたついて、メルボルンの主要新聞に監督解任の話まで書きたてられた。しかしRD10以降は、12勝1敗とトップ2強を急追し、ファイナル・シリーズに進む上位8チームの中でも重要なトップ4の位置を手にした。ファイナル・シリーズ最大の波乱要因は、コリンウッドが握っている。
 ファイナルへの切符の最後の1席をめぐる戦いが熾烈だ。全勝のセントキルダを破ったエッセンドンが勝率の差で半歩リードしているが、ポートアデレード、ホーソンにも十分チャンスがある。最終RD22まで目を離せない。

AFL2009 熱戦

文・写真=イタさん(マイク板屋)。日豪プレスのコントラクト・フォトグラファー。AFL、テニス、ゴルフ、F1、サッカー、競馬などメルボルンのプロ・スポーツをメインに取材、撮影。長年のジローン・ファン。

 Happy Rich Harding legal JCB Yumepirika Campaign 幌北学園 Japanaroo 
日豪プレス 配布場所   日豪プレス 新刊発行    Oishii Japanese Restaurant Guide

新着記事

新着記事をもっと見る

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る